ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉市立豊小学校で「地域安全マップづくり」を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2012年5月8日

概 要

 ○ 日    時  平成24年4月23日(月曜日) 9時00分~12時15分

 ○ 場  所  呉市立豊小学校周辺

 ○ 参加者  豊小学校 3年生 8名

プログラム 

時  刻内         容
 9時00分事前学習「地域安全マップづくりについて」
 9時50分フィールドワーク
10時40分地域安全マップ作製
11時55分発表
12時10分

まとめ

   

当日の様子

事前学習   

   県民活動課の職員が,クイズを交えながら,安全な場所と危険な場所の見分け方を説明しました。                 

   地域安全マップづくりのキーワードとして,「危険な場所は『入りやすく,見えにくい』」ということを理解しました。 

    児童のみなさんは質問にも元気よく手を上げて答えていました。 

        事前学習2

フィールドワーク

    赤組と白組の2班に分かれて,学校周辺でフィールドワークを行いました。                 

    事前学習で理解した危険な場所と安全な場所の見分け方について,みなさんすぐにコツをつかみ,お互いに意見を出し合い,

  「見えにくさ」や「入りやすさ」などを実際に確かめるなどして,体験を共有しました。 

       FW1

   インタビューでは,最初はドキドキしながらも,マップづくりの目的や教えてほしいことをしっかりと伝えること

  ができました。

      当日は天気もよく,心地よい潮風を感じながらのフィールドワークとなりました。

    児童のみなさんは,地域の方々へ元気よくあいさつをしながらフィールドワークをしました。

   地域の方々からは,「がんばってるね」「気をつけてね」などと,あたたかい言葉が返ってきました。

    地域ぐるみで子どもを見守られている方々に触れることができ,児童のみなさんも一層安心感を得られたこ

    とと思います。

     FW2        FW3

マップ作製

      学校に戻り,班ごとに自分たちで発見した危険な場所や安全な場所について,「○○は見えにくいから危険」 「△△は,入りにくいか

 ら安全」など,キーワードを使って地図にまとめました。

 インタビューして教えてもらった地域の安全な場所・危険な場所のことも書きこみました。

発表

    完成したマップとともに,一人ずつ気づいたことや感想を発表しました。

     作製1        作製2

   【県民活動課】 

    これからいろんなところに行っても,みんなで学習したことを思い出し,自分自身の力で安全な場所と危険

  な場所を見抜き,安全な行動がとれるようになるといいですね。          

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする