ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熊野町

印刷用ページを表示する掲載日2013年11月13日

1 推進体制について

(1)庁内連携組織

名称

設置年月

構成

担当部署

    

(2)関係機関,地域活動団体との連携組織

名称

設置年月

構成

担当部署

熊野町防犯まちづくり協議会平成17年2月地域住民組織・各種機関(自治会,老人クラブ,学校長,PTA等),各種団体(商工会,郵便局,ボランティア団体),警察,行政生活環境課(事務局)

2 子どもの安全対策について

(1)見守り活動への支援

項目

内容

担当部署

パトロール用グッズの提供帽子・ベスト・腕章などのグッズ提供生活環境課
ボランティア保険加入活動員の保険加入(傷害保険・賠償責任保険)生活環境課

(2)地域安全マップの取組み

項目

内容

担当部署

(3)その他の主な取組み

項目

内容

担当部署

小学校防犯教室の開催・主に低学年を対象とした,防犯教室を開催。「い・か・の・お・す・し」等の徹底
・ボランティア団体にも参加を依頼し,児童と一緒に子ども達の安全について学ぶとともに,交流を図る。
教育委員会学校教育課
防犯ブザーの貸与小学校1年生全児童に対し、防犯ブザーを貸与する。教育委員会学校教育課
「子ども110番の家」マニュアル送付子ども110番の家の承諾をいただいている方に更新の確認と,新規加入者に「子ども110番の家」対応マニュアルを送付教育委員会生涯学習課
夜間巡回町内の代表的な夏祭りにおいて,中学校PTAを中心とする巡回を実施教育委員会生涯学習課
青少年指導者対象の講習会青少年指導者を対象に講習会を開催する(今年度のタイトル「青少年の夢は家庭・地域・学校の夢」)教育委員会生涯学習課
青色防犯パトロールの実施町公用車に青色回転灯を装着し,防犯パトロールを実施(6台。平成20年3月~)教育委員会学校教育課,生活環境課

3 地域の安全対策について(2以外の主な取組み)

項目

内容

担当部署

防犯ボランティアによる抑止活動日常的にウォーキングや犬の散歩を行っている方々に,パトロールキャップ(帽子)・反射たすきを着用していただき,抑止に努める。熊野町防犯まちづくり協議会
車両用マグネットを活用した抑止活動各種車両に「安全・安心パトロール」マグネットを貼り,抑止を図る(地域住民,商工会,郵便局,タクシー会社など)。熊野町防犯まちづくり協議会
一戸一灯運動の推進夜間は,各家庭の玄関灯や門灯を点灯していただくよう啓発し,犯罪防止に努める。熊野町防犯まちづくり協議会
犯罪抑止用啓発看板の設置「防犯パトロール中」・「特別警戒実施中」と書かれた看板を町内の各要所に設置し抑止を図る。熊野町防犯まちづくり協議会

4 情報の提供について

(1)広報・啓発

提供方法内容
「こども110番の家」募集町広報紙等により募集
テント村の設置小学校の通学路にテント村を設置し,防犯意識啓発活動を実施
まちづくり協議会町内犯罪状況等の説明(海田警察署)

(2)不審者情報等の提供

提供方法

実施主体

提供頻度

対象者

携帯電話(メール配信)教育委員会学校教育課11回(平成24年度中)希望者(児童・生徒の保護者,パトロール隊員ほか)
Fax(ファックス)教育委員会学校教育課警察,西部教育事務所,町立学校,町内保育所,町内幼稚園,防犯まちづくり協議会会員

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする