ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市で「安全・安心なまちづくりセミナー」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2013年5月17日

 広島県では,府中市(総務課)と共催で,青少年育成府中市民会議の環境整備活動委員会の今年度の初会合にあわせ,子どもの危険回避能力の養成や地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」について学ぶ「安全・安心なまちづくりセミナー」を開催しました。

  日時   平成25年5月14日(火曜日)18時30分~19時15分
 
  場所    府中市文化センター(府中市府川町70)
 
  参加者    青少年育成府中市民会議(玉山 洋 会長) 環境整備活動委員会の方々  約70名
 
  概要
 県民活動課の職員が,最近の治安情勢や,子どもの危険回避能力の育成に有効な「地域安全マップ」の理論とその取組状況について説明がを行いました。
 参加者は,実際に各小学校などで取り組まれている「地域安全マップづくり」の活動が,子ども自身の危機回避能力の育成はもちろん,地域の防犯環境の改善にも活用できることなど,「地域安全マップづくり」の効果についても学びました。  
  
1

セミナーの様子

 今回参加された方々は,日ごろから地域の環境整備・改善に熱心に取り組まれておられますが,「落書き消し」や「声かけ・あいさつ運動」といった地道な取組が,犯罪が起きにくいまちの実現につながっていることも確認されました。
 安全・安心なまちづくりを推進していく様々な活動の中で,今回のセミナーを今後の取組の参考にしていただき,地域や学校で子どもたちと一緒にマップづくりに参加していただければと思います。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする