ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中町(北部)で「安全・安心なまちづくりセミナー」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2011年7月21日

 府中町北部地域安全推進員連絡協議会(福永 國夫会長)では,平成23年度の総会と併せ,子どもの危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」について学ぶ「安全・安心なまちづくりセミナー」を開催しました。

  日時
平成23年7月17日(日曜日)13時30分~15時30分
 
  場所
安芸府中商工センター
 
  参加者
府中町北部地域安全推進員等 約100名
 概要
 府中町長及び府中町議会議長を来賓に招いて行われた地域安全推進員の委嘱式及び地域安全推進員連絡協議会総会の後,研修会として県民活動課の職員が,最近の治安情勢及び子どもの危険回避能力の育成に有効な『地域安全マップ』の理論についての講義を行いました。
 受講者は,「入りやすく」「見えにくい」場所が危険だということの説明を受け,具体例として,様々な街の風景のスライドを見ながら,模擬フィールドワークを体験しました。子どもたちがこの「入りやすく」「見えにくい」キーワードを用いて「危険な場所」や「安全な場所」を探し,それを基に地図を作製していく「地域安全マップづくり」の活動が,子ども自身の危機回避能力の育成に役立つことや,地域の防犯環境の改善に活用できることなど,具体的な事例を聞くことができました。

 

講義の様子
講義の様子

 日頃の活動,ご苦労様です。本日のセミナーで学んだことを,今後の取組の参考にしていただければと思います。また,機会があれば,実際に,地域や学校で子どもたちと一緒にマップづくりを行なってみてください。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする