ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市立栗生小学校で地域安全マップづくりを行いました

印刷用ページを表示する掲載日2011年6月2日

概要

○とき 平成23年5月30日(月曜日)13時00分~15時50分

○ところ 府中市立栗生小学校及び周辺地域

○参加者 3年生児童20名 及び 保護者20名

 府中市立栗生小学校(友田 佳子校長)では,子ども自身の危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」を,昨年度に引き続き県民活動課の職員が「出前講座」の講師となって,実施しました。前日までの台風の影響も感じられない爽やかな日差しの中,親子でマップづくりに取り組みました。

【当日の様子】

事前学習(県民活動課)

事前学習
どっちが「キケン」かわかるかな

 県民活動課職員がパワーポイントを使用し,クイズを交えて,安全な場所と危険な場所の見分け方について説明しました。
危険な場所のキーワード「入りやすい」「見えにくい」を学び,さあ,フィールドワークに出発です。

実習

~フィールドワーク~
フィールドワークの様子
毎日通っているこの道路はどうかな?

 3班に分かれて,学校周辺のフィールドワークを行いました。
事前学習で学んだ「入りやすい」「見えにくい」というキーワードを思い出しながら,大人も子どもも積極的に,危険な場所や安全な場所を探していました。

~マップ作成~

マップ作製の様子
みんなで協力して作製しました。

 体育館に戻って,いよいよ地図の作製です。調査した場所の写真を並べ,危険や安全のキーワードを使った説明メモを貼り付けて,地域安全マップを作製しました。
 他の班や保護者の方の前で発表する内容も一生懸命考えました。

 

 

 

 

発表

発表の様子

 班ごとに完成した地域安全マップを掲示して,一人一人が感想を発表しました。
 ちょっとドキドキしましたが,気付いたこと,感じたことを発表することができました。

 

 

※ PTC活動として保護者の方にも参加していただき,大変有意義な出前講座となりました。今後もこの活動を継続していってくださいね。(県民活動課)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする