ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防犯フォーラム「みんなで考えよう!子どもの安全」(福山会場)を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2011年2月10日

 広島県,広島県教育委員会,広島県警察では,「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動のもと,子どもの安全をはじめとする「地域の安全」を確保するため,県民,事業者など,多様な主体との協働による,自主的な活動の定着と,更なる発展に向けた取組を推進しています。

 こうした中,自主的な防犯パトロールや子ども見守り活動など地域の自主的防犯活動に意欲や関心を持った方,見守られる立場の子どもを持つ保護者及び教職員等を含めた地域住民の方に呼び掛け,それぞれの立場で子どもの安全について考える防犯フォーラムを県内三会場(三次市,福山市,広島市)で開催することとし,去る1月29日(土曜日)の三次会場に続いて,2月5日(土曜日)に福山市で2回目のフォーラムを開催しました。

 福山会場でのフォーラムでは,天候にも恵まれ,定員120名を大幅に超える約150名の参加者にお集まりいただき,会場は熱気ムンムンで有意義なフォーラムとなりました。

○とき 平成23年2月5日(土曜日)13時30分~15時50分

○ところ 広島県民文化センターふくやま 文化交流室

○参加者 約150名

○共催 福山市,福山市教育委員会

○講演 福山西警察署管内防犯組合連合会,福山東地区防犯組合連合会,福山北警察署管内防犯連合会

【当日の様子】

開会あいさつ

広島県環境県民局竹内県民活動課課長あいさつ 主催者の広島県環境県民局竹内県民活動課長が,開会に先立ち,本フォーラム開催に至った経緯,趣旨等について説明を行いました。
 「会場一杯にお集まりいただき,本当にありがとうございます。本フォーラムが有意義なものとなりますようご協力をお願い致します。」

基調講演(日本女子大学 宮田美恵子准教授)

日本女子大学人間社会学部宮田准教授講演の様子その1 基調講演では,日本女子大学人間社会学部の講演の様子その2宮田准教授に,「子どもの安全教育と地域防犯~地域で安全力を高めよう~」と題し,講演をいただきました。講演の中では具体的な事例を通じて子どもたちを守るために,何を行うことが大切なのかなどについて有益な提言をいただきました。特に,子どもの持っている安全力を大人が理解し,犯罪を近づけないためのまちづくりの工夫を行っていくことが重要と話されました。

アトラクション(和太鼓「花鼓(はなっこ)」)

和太鼓演奏の様子その1 アトラクションでは,福山市加茂町の和太鼓団体和太鼓演奏の様子その2「花鼓」による演奏が披露され,会場内に力強い太鼓の音が響き渡りました。参加者たちは,メンバーの一生懸命な姿に,盛んに拍手をおくっていました。

事例発表

発表の様子その1 事例発表では,地域の方々を代表して,福山西警察署地域安発表の様子その2全推進員 山崎 洋郎さん(福山市松永町)と網引学区まちづくり推進委員会委員長 江草實夫さん(福山市新市町)にこれまでの活動における苦労話や活動を通じて感じていることについて報告をお願いしました。

減らそう犯罪情報(新アクション・プラン説明)

新アクションプランの説明 平成23年からスタートとなる,「『なくそう犯罪』ひろしま新アクション・プラン~犯罪の起こらない社会~」について,警察本部の小西減らそう犯罪情報官が説明を行いました。

閉会あいさつ

閉会式の様子 閉会のあいさつを共催の福山市市民局高田生活安全推進課長からいただきました。
 「福山市以外からも多くの皆様にご参加いただき,有益な時間を過ごすことができました。
 本当にありがとうございました。
 今後も,地域の安全安心のためにご協力をよろしくお願い致します。」

舞台裏

大勢のお方に協力していただきました。 受付には,共催の福山市,福山市教育委員会からも応援をいただきました。

展示

展示の様子その1 会場内には,子ども見守り活動に関連する,子ども見守りポスターや見守り活動を行っていただいている方への展示の様子その2感謝のメッセージも掲示させていただきました。
 また,子どもの危機回避能力アップのための「地域安全マップ」も掲示して,地域での取り組みについて広報啓発を行いました。


展示の様子その3 また,会場の一角には,犯罪被害者支援関連のリーフレット,パネル等も置かせていただき,被害者支援について理解を深めていただきました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする