ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福山市立長浜小学校での着衣泳訓練の実施について

印刷用ページを表示する掲載日2010年9月2日

 福山市立長浜小学校(校長 重政俊之)から着衣泳訓練を実施したとのレポートが届きました。長浜防犯連合会にも協力していただきました。

着衣泳訓練の様子その1

着衣泳訓練の様子その2

着衣泳訓練の様子その3

 8月26日(木曜日)
 福山海上保安署の署長さん以下6名の署員の方々に、着衣泳を教えていただきました。

 最初に服を着て水に入った時の動きにくさを体感したあと、何もつかまるものがない時の浮き方や、ペットボトル1つでも浮きになるものがあると楽に浮けることなどを教えていただきました。

 また、ランドセルは中身が入っていた方が浮きになることや、材質によっては靴も履いたままの方が楽に浮けることを習い、その意外さに驚いていました。

 最後に、友達がおぼれたときの救助の仕方(大人を呼ぶ、浮きになるものを投げる)を教えていただきました。 こうした場面に遭遇しないことが一番ですが、万が一の場合には、今日習ったことが心の余裕につながることと思います。本当にありがとうございました。

※ 小学校での子どもたちの安全を守る取組みもたくさんご紹介していきたいと思っています。
 今後も情報をお待ちしています。(県民活動課)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする