ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉市安浦町で安全・安心なまちづくりセミナーを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2010年7月1日

 本セミナーは,子ども自身の危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」を指導・普及できる地域の防犯ボランティア養成を目的として実施しました。

○とき 平成22年6月26日(土曜日)13時00分~16時30分

○ところ 呉市安浦町小田野原自治会館 呉市安浦町安登西10丁目

○参加者 23名(大人16名,小学生7名)

○主催 広島県,呉市

 【当日の様子】 

開会,PACE メンバーのあいさつ
挨拶の様子 呉市地域協働課 砂川主査の挨拶の後,マップづくりの指導者役をお願いした大学生ボランティアグループ(PACE福山支部)のメンバーから一人ずつ自己紹介をしてもらいました。
事前学習
大人対象の事前学習の様子(大人対象)
 県民活動課 細川主任企画員が県内の犯罪情勢や子どもたちへの安全教育の必要性を交え,地域安全マップづくりの方法を説明しました。
小学生対象の事前学習の様子(小学生対象)
 PACE福山支部 井上さんが小学生を対象に,危険な場所,安全な場所について,キーワードを使って説明しました。
実習 ~フィールドワーク~
フィールドワークの様子 朝からの雨も小降りになり,大人と小学生が一緒になって4班体制で,「入りやすく,見えにくい」をキーワードにフィールドワークを行いました。
実習 ~地域安全マップ作製~

安全マップ作製の様子その1

安全マップ作製の様子その2

 フィールドワークで気づいたことを皆で話し合いながら,一枚のマップにまとめました。
発表
発表の様子 完成したマップを参加者に見てもらいながら,マップづくりを通じて気づいたことを発表しました。
完成マップ
完成したマップ
 

 セミナーに参加された方々からは,
○ 普段,車でしか通らない道を歩いてみると,危険な場所があることに気づかされた。
○ 空き家や空き地など,子どもたちが入り込みやすい危険な場所がたくさんあった。
○ 子どもの目線に立って歩くと,大人からは見えにくいところが多数あった。
 といった意見が寄せられました。
 今回作製したマップは,今後,子どもたちとマップづくりを行う時に活用されるそうです。

* 雨の中での地域安全マップづくりとなり,皆様お疲れ様でした。今後の地域での子どもたちの「安全・安心」に今回の活動が役立つことを願っています。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする