ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福山市駅家町で安全・安心なまちづくりセミナーを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2010年6月24日

ここから本文です 本セミナーは,子ども自身の危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」を指導・普及できる地域の防犯ボランティア養成を目的として実施しました。

○とき 平成22年6月13日(日曜日)13時00分~16時30分

○ところ 福山市立駅家西小学校 福山市駅家町近田205-1

○参加者 50名

○主催 広島県,福山市,駅家西学区まちづくり推進委員会

【当日の様子】

開会のあいさつ
福山市青少年課 松田課長あいさつ 福山市青少年課 松田課長
 地域の子どもたちの見守り活動への参加についての謝意を述べられ,本セミナーを今後の活動に役立てていただきたいとあいさつがありました。
PACEメンバーのあいさつ
PACE福山支部メンバーの自己紹介の様子 今回のマップづくりの指導者役をお願いした大学生ボランティアグループ(PACE福山支部)のメンバーから一人ずつ自己紹介をしてもらいました。
事前学習
事前学習の様子 県民活動課 細川主任企画員
 県内の犯罪情勢や子どもたちへの安全教育の必要性を交え,地域安全マップづくりの方法を説明しました。
実習 ~フィールドワーク~
フィールドワークの様子その1フィールドワークの様子その2 小雨の中,5班に分かれてフィールドワークに挑戦しました。
 「入りやすく,見えにくい」をキーワードに,PACEのメンバーとまちを調査しました。
実習 ~地域安全マップ作製~
安全マップ作製の様子その1安全マップ作製の様子その2安全マップ作製の様子その3 
フィールドワークで気づいたことを皆で話し合いながら,一枚のマップにまとめました。
発表
発表の様子その1発表の様子その2 完成したマップを参加者に見てもらいながら,マップづくりを通じて気づいたことを発表しました。
完成マップ
完成したマップ

 セミナーに参加された方々からは,

○ 普段何気なく過ごしていたけど,身近なところに危険な場所があった。

○ 清掃活動など,環境を整備していくことも安全につながることが分かった。

○ これからも,見守り活動を通じて,地域の子どもたちの安全を守りたい。

 といった意見が寄せられました。今回作製したマップは,今後,子どもたちとマップづくりを行う時に活用されるそうです。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする