ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島市 ボランティアグループが幼稚園に遊具のプレゼント

印刷用ページを表示する掲載日2010年6月16日

タイトル

完成したみどりいはうす NPO法人佐東地区まちづくり協議会(会長:海徳 貢)の部会メンバー「緑井駅前サロン」(統括運営管理長 吉野宣生)7名が地元緑井幼稚園に手作り木製遊具を贈呈し,園児たちから感謝されたとのレポートをいただきました。

 この遊具は,今年2月,広島市立緑井幼稚園の園長先生からの相談を受け,緑井駅前サロンのメンバー7人が知恵を出し合い,製作されたものです。

完成祝賀会の様子 設計図は,「安全第一,楽しく遊べる木製遊具」を念頭に設計技術を持つメンバーが担当。資金面では幼稚園の予算にも限りがあったため,緑井学区社会福祉協議会や緑井学区青少年健全育成協議会にも支援をお願いして工面されたそうです。

 完成は,4月11日。遊具は,「みどりいはうす」と命名され,同月23日には,緑井幼稚園に園児,保護者等に集まっていただいて盛大に完成祝賀会が行われました。

NPO法人佐東地区まちづくり協議会の部会メンバー「緑井駅前サロン」のみなさん 園児たちからは,「楽しく遊べる基地ができた。」「スリルがあって面白い。」などの感想が寄せられているそうです。

 メンバー代表の吉野さんは,「幼稚園と地域がいつも良い関係でありたい。今回のことで今まで以上に地域とつながりを深めていきたいし,若いお母さん方とも連携を図り,子どもたちの見守り活動などの防犯活動を続けていきたい。」と話されていました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする