ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市立国府小学校における安全・安心なまちづくりについて

印刷用ページを表示する掲載日2010年6月1日

府中市立国府小学校

 国府小学校では、子ども達の安全を守るために地域、保護者、学校が協力し合い、児童の見守り活動、通学路点検、自転車乗り方教室、防犯教室、地域安全マップづくり等、様々な取り組みを行っています。

 

登下校時の見守り活動の様子☆国府っ子を見守る会

 平成9年から、町内会、老人クラブ、PTAが一体となって児童の登下校時の見守り活動を続けています。国府っ子を見守る会の活動員数は、約180人です。
 朝の登校時には、児童に「おはようございます。」と声かけをしていただいています。また、ゲストティーチャーとして,交通安全や見守り活動の話をするなどの取り組みを行っています。

みんなで通学路の安全確認をしています☆みんなで歩こう通学路

 毎年、児童、保護者、教職員、国府っ子を見守る会や地域の方が参加し、通学路を歩き、登校の集合場所の確認や通学路の危険個所の点検をしています。
 新入学児童やその保護者にも呼び掛けており、21年度は、約400名の参加がありました。PTAの役員は、点検箇所の報告をし、通学路の安全確保に努めています。

自転車安全乗り方講習会の様子☆自転車の安全な乗り方講習

 PTA主催で府中交通安全協会や地域の指導員を講師として招き、3年生児童や保護者を対象とした自転車の安全な乗り方講習会を行っています。
 自転車の乗り降りの際の安全確認の仕方や交差点での右折・左折の仕方など、実際の道路を模して、ていねいな指導を受けています。自転車による交通事故も近年増えていることから、指導の徹底を保護者にも呼び掛けています。

防犯教室の様子☆防犯教室

 全校児童を対象に防犯教室を行っています。21年度は、6月に府中警察署の生活安全刑事課から、不審者に声をかけられた時の対応について指導を受けました。
 劇や児童へのロールプレイを通して不審者から身を守る方法を学習しました。
 校区内で帰宅途中に児童が不審者に出会った事案があり、子ども達も一生懸命話を聞いていました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする