ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県立広島大学で子どもの安全な環境づくりに係る講義を実施しました

印刷用ページを表示する掲載日2010年11月11日

概要

 県立広島大学と県が連携して,教員等を目指す学生を対象に,「子どもの安全な環境づくりの取組」について,特別講義を行いました。

1 日時・場所
・平成22年10月19日(火曜日)10時40分~12時10分(2時限)
 県立広島大学広島キャンパス
 教育研究棟1 2階 1278講義室
・平成22年10月20日(水曜日) 9時00分~10時30分(1時限)
 県立広島大学庄原キャンパス
  2号館 3階 2302講義室
 
2 講義
(1)講師
  広島県環境県民局県民活動課 事業調整監 野山 栄一
(2)内容
  子どもの安全な環境づくりの取組みについて
  ● 子どもを取り巻く治安情勢
  ● 広島県などの取組み
  ● 子どもを守るための地域や学校での取組みの現状
  ● 防犯対策に関する基本的な考え方に関する理論
  ● 県が普及に力を入れている子どもの危険回避能力の向上などに有効な「地域安全マップづくり」
 
(3)受講生
  教員等を目指す学生 70名(庄原・広島キャンパスでの受講生の合計)

【講義の様子】

広島キャンパスの様子
広島キャンパス
庄原キャンパスの様子
庄原キャンパス

【受講生の感想】

 ● 地域安全マップづくりという作業は,私は聞いたことがなかった。しかし,教師が「危険だから気をつけなさい。」と言っても,子ども達は真剣に聞きはしないだろう。フィールドワークを行ったり,地図を作ったりする楽しい活動に取り組めば,子ども達は自然と学んでいくだろうし,生活の中で活かしていくこともできるに違いない。危険が増えている中で,最も大切なのは,子ども達自身が危険であることを認識することだろう。今回の地域安全マップづくりは安全教育でとても意味あることだと感じた。様々な学校で行われるべきだと考えた。

ライン

● 知らない場所に行って,犯罪が起こりやすいかどうか判断できる力をつけるために安全マップづくりを行うということが印象的でした。私は,一人暮らしなので実家生よりは防犯に気を付けているつもりですが,実家にいた頃はずっと同じ地域に住んでいたので危険な場所が身の回りにあることすら考えていませんでした。慣れた道や場所が本当は危険な所かもしれないということを知る機会はそうはないので,小学生がやることだなどと思わず自分の防犯意識を高めたいと感じました。

ライン

● 地域安全マップをつくることで,自分の身をきちんと守ろうという気持ちが生まれたり,子どもの頃からこうした勉強をしておくことで大人になったときに犯罪を犯そうという気持ちは生まれないのではないかと思った。今日の講義で考えさせられることが多かった。

ライン

● 小学生自身が,安全マップをつくることで,安全について興味を持つことができ,防犯につながると思うのですばらしい取り組みと思いました。マップの完成後に,保護者や地域の方々もパトロールなどを行って,犯罪を無くし,子どもたちを守っていかなければならないと思います。教育の面でも勉強や学校生活だけでなく,安全教育をきちんと行うことも教師の役割だと思いました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする