ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島西警察署管内ボランティア交流会が開催されました

印刷用ページを表示する掲載日2010年10月7日

 10月11日から始まる,「全国地域安全運動」を前に,10月5日(火曜日),広島西警察署管内の防犯ボランティア交流会が開催されました。

● 日時
平成22年10月5日(火)午後1時30分から午後4時30分
 
● 場所
広島市西区福島町 広島市西区地域福祉センター大会議室
 
● 主催                                  
広島西警察署,広島西防犯連合会
 
● 共催                                  
広島市(西区,佐伯区)
 
● 参加者
広島西警察署管内の地域安全推進員班長,副班長など約80人
● 交流会の概要

 交流会に先立ち,長年にわたり地域の安全・安心に貢献され,防犯活動に御尽力された,大西 寛様,長見 雅美様に表彰伝達がおこなわれました。
その後,広島西警察署長,広島西防犯連合会会長の主催者あいさつに続き,広島西区役所区政振興課蓼原課長から,「安全・安心なまちづくり」と題して講演がありました。
広島西区役所区政振興課蓼原課長講演の様子
蓼原課長の講演風景
 講演の中で,「平成14年の最悪であった刑法犯認知件数を受け,市民の皆様が力を合わせ,様々な防犯活動等を展開され,数値的には目標達成にあと一息の状況となっています。区と致しましても様々な施策に取り組んではおりますが,引き続き地域の皆様方のご支援・ご協力をお願いします。」と説明されました。講演の様子その2
班での意見交換風景
その後,参加者は8班に分かれ,
  • 地域での活動状況
  • 西区・佐伯区の連携・課題
  • 放置自転車対策
  • 今後の展望
について,意見交換を行いました。各班とも初めは遠慮がちに静かな意見交換でしたが,司会の方の上手な進行もあり,徐々に活発な交流会となりました。
意見交換会の様子
活発な意見交換風景
 最後に広島西警察署の前田生活安全課長が「最近の犯罪情勢について」と題して交流会のまとめをされました。話の中で,「管内の治安は昨年に比べ,厳しい状況にあります。特に自転車盗難の多発が目立っています。鍵もツーロックを励行して被害に遭わないよう一人ひとりが気を付けましょう。」と話され,引き続き地域の方々の積極的な防犯活動に期待をされていました。広島西警察署前田生活安全課長による交流会まとめの様子
前田課長の治安説明

※ 当日,会場の掲示コーナーには,県民活動課で募集した子ども見守り活動者への感謝のメッセージ&図画を掲示させていただきました。こうした交流会を通じて更なる地域の連帯感が強まればと感じています。これからも,参加者の皆様のご活躍をお祈りしております。【県民活動課】

防犯ボランティア活動者への感謝のメッセージ&図画を掲示しました
感謝の図画展示風景

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする