ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島女学院大学で「子どもの安全な環境づくりの取組み」に係る特別講義を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2009年7月16日

概要

 児童・生徒に対する「声かけ」や「つきまとい」などの不審者情報が絶えないなど,子どもの安全が危惧されている中,安全・安心なまちづくりに向けた県民総ぐるみ運動の一層の推進が求められています。
 こうした中,県では広島女学院大学との連携のもと,小・中・高校教諭を目指す学生を対象に,子どもの安全教育や地域安全マップづくりなどに関する特別講義を実施しました。

1.日時
平成21年7月3日(金曜日)9時00分~10時30分
 
2.場所
広島女学院大学
(広島市東区牛田東4-13-1)
講義の様子その1   講義の様子その2
講義の様子
3.講義内容                                  
あいさつ等:広島女学院大学 文学部 幼児教育心理学科 戸田 浩暢 准教授
講師:県民活動課 新開事業調整監
講座名:生徒指導の研究
演題:子どもの安全な環境づくりの取組みについて
4.受講生
    小・中・高校の教師を目指す学生 100人
 
    新開事業調整監は,
● 子どもを取り巻く治安情勢  
● 「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動など県や教育委員会,地域や学校の取組み
● 学校保健法の一部改正について
● 防犯に関する基本的理論と,子どもの危険回避能力の向上に有効と言われている地域安全マップづくりについて
    などについて講義しました。

【受講生の感想】

 ● 昨今の少年の犯罪被害件数は減っているが,まだ,被害に遭っている子どもたちがたくさんいることが分かった。 犯罪被害に遭わないためにも子どもたちが,自分自身で安全である場所・安全でない場所だと気づき,判断する力が重要である。確かに,どの地域にも「入りやすくて,見えにくい」場所があるはずである。そのような場所に気づくことができる「地域安全マップづくり」は,子どもたちの安全教育に効果的だと思いました。
 大人が作ったものを,子どもたちに見せるのではなく,子どもたち自身が危険な場所を見つけてマップを作製することが犯罪防止につながることが理解できました。私も地域の子どもたちと一緒にマップづくりをしてみたい。

ライン

 ● 自分が小学生のころは「地域安全マップづくり」というようなものはなく,大人に「ここは危ないから行っちゃあダメだよ」などと言われると,逆に興味を持ってその場所に行くような子もいました。自分が「ここは危ないな,通らないようにしよう」と思うことが,犯罪が起こることを防ぐのではないかと思います。また,今ではほとんど見られることのなくなった地域の大人と子どもたちの交流が,昔のように色々なところで見られるように,まず大人自身が信頼づくりをしていかなくてはいけないのだなと,改めて考えさせられました。

ライン

 ● 私の家は,子ども110番の家として登録しているのですが,具体的にどのように見守ったら良いか分かりませんでした。今日の講義を聞いて,現在の不審者情報の状況や,防犯の仕方,子どもたちへの目の向け方が分かりました。今日の講義資料を家族にも見せて,みんなで安全なまちづくりに心がけようと思います。

ライン

 ● 子どもたちに対する防犯対策といえば,子どもの防犯ブザーや携帯電話を持たせたり,地域でパトロールをするような「人」に対して行うものばかりだと思っていました。しかし,今日の講義を聴いて,犯罪が起きる「場所」がどれほど重要であるかに気がつきました。
 同じような場所でも,少し工夫するだけで犯罪が起こりにくい場所になったり,地域安全マップづくりのように,子どもたちが実際に,安全な場所,危険な場所の違いに気づくことがとても大切であることが分かりました。学校や地域の人が連携して犯罪の起こりにくい街づくりをこれからも行っていく必要を実感し,私もボランティアとして参加して地域安全マップを一緒に作ってみたいと思いました。

ライン

 ● 今回の講義で初めて「地域安全マップづくり」というものを知りました。私は作ったことはないけれど,とても効果的な取組みだと感じました。大人の人や,地域の人に守ってもらうだけでは犯罪は減らないのだということに改めて気づきました。「自分の身は自分で守る」という言葉がありますが,これは犯罪者に出会った時のことではなく,犯罪に巻き込まれないように未然に注意を払うということではないかと思いました。今後の犯罪が少しでも減っていくように気をつけていきたいと思います。

ライン

 ● 子どもたちの安全を守るためには,地域全体が協力しなければいけないということに今日改めて気づきました。決して人事ではなく,自分が生活をしていく上で,子どもを守ろうとする意識を持ち,自分の住む地域に,犯罪の起こりそうな場所はないか確認したり,そのような場所を改善していくことが大切だと分かりました。また,それは大人だけでなく,子どもたちの防犯意識を高めていくことの必要性も感じました。マップづくりによって,様々な人々とコミュニュケーションを取りながら意識を高め,協力し合って,子どもの安全や地域の安全を守っていくことが大切であると思いました。

ライン

 ● 子どもの犯罪被害対策の話を聞くのは初めてでしたので,知らないことが沢山ありました。
 また,知らないことばかりでしたので,子どもたちだけでなく,自分の身を守る勉強にもなりました。特に,犯罪の起こりやすい場所など,あまり考えたことが無かったので,どのような所が危険が,どのような事に注意すれば良いか,どのようにして防犯対策すればよいかなど,とても分かりやすくてためになった。そして,「地域安全マップづくり」は,「物づくりではなく,人づくり」という言葉が印象的でした。

※ より多くの学生に「地域安全マップづくり」について正しい理解を深めてもらいたいと思います。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする