ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島市南区で安全・安心なまちづくりセミナーを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2009年10月22日

 本セミナーは,子ども自身の危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善など,地域の安全対策の推進を図る上で効果的な「地域安全マップづくり」を指導・普及できる地域の防犯ボランティア養成を目的として実施しました。

概要

○とき 平成21年9月26日(土曜日)13時30分~17時00分

○ところ 広島市大河公民館

○参加者 20名

○主催 広島県,広島市南区,大河地区青少年健全育成連絡協議会

【当日の様子】

開会のあいさつ

南区安全・コミュニティ担当課長のごあいさつ

南区 安全・コミュニティ担当課長

事前学習

事前学習の様子

 県民活動課 宇丹主任企画員
 犯罪情勢や地域安全マップづくりの作製方法の説明がありました。

実習 ~フィールドワーク~
フィールドワークの様子 4班に分かれてフィールドワークを行いました。
 広島経済大学と比治山大学のPACEのメンバーが「入りやすくて見えにくい」をキーワードに,分かりやすく説明してくれました。
実習 ~地域安全マップ作製~
地域安全マップ作製の様子 大河小学校区は,普段から安全に対する意識が強く,また防犯活動を熱心にされている地域です。
 フィールドワーク中に出合った地域の方は快くインタビューに応じてくださいました。
発表
発表の様子

 完成したマップとともに,マップづくりを通じて気づいたことを発表しました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする