ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

廿日市市立津田小学校で「地域安全マップづくり」を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2012年5月25日

概 要

 ○ 日    時  平成24年5月11日(金曜日) 9時00分~12時15分

 ○ 場  所  廿日市市立津田小学校周辺

 ○ 参加者  津田小学校4年生 18名

プログラム 

時  刻内         容
 9時00分事前学習「地域安全マップづくりについて」
 9時50分フィールドワーク
10時40分地域安全マップ作製
11時55分発表
12時10分

まとめ

   

当日の様子

事前学習   

   県民活動課の職員が,クイズを交えて,安全な場所と危険な場所の見分け方を説明しました。

      児童のみなさんは,地域安全マップづくりのキーワード,「危険な場所は『入りやすく,見えにくい』」を

  学びました。みなさん質問には元気に手を上げ,たくさん発表してくれました。 

     事前学習1       

       

フィールドワーク

    次は,3つのグループに分かれてのフィールドワークです。

    地元で見守り活動などをされているボランティアの方々も,それぞれのグループに付き添っていただき,

   児童のみなさんのフィールドワークをする姿をあたたかく見守っておられました。

   児童のみなさんも最初こそは,ボランティアの方々のアドバイスを受けることもありましたが,すぐにポイント

  をつかみ,キーワードを使って「安全な場所」と「危険な場所」を見分けていました。

    FW1       FW2

                      

マップ作製

      学校に戻り,「安全な場所」と「危険な場所」を,キーワードを使って地図に書き込みました。

   フィールドワークで見たり聞いたりしたことを,もう一度グループ全員で振り返りながら,地図づくりを進めて

    いきました。 

   作製1   

 

まとめ

  ○   「安全な場所」や「危険な場所」を見つける力がついたら,今度は一人ひとりがこれからの生活に活かして

         いくことが大切です。せっかく身につけた力は,みなさんの安全・安心のために,最大限に使っていきましょう。 

 ○   ボランティアの方々にはマップづくりに付き添っていただきました。児童のみなさんも,いつも以上に安心感

    を得ることができたのではないかと思います。お忙しい中,本当にありがとうございました。 【県民活動課】

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする