ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県立広島大学(三原キャンパス)で「女子学生の安全・安心を守る防犯講座」を実施しました

印刷用ページを表示する掲載日2013年5月21日

  女子学生が自らが,犯罪被害に遭わないように,先制・予防的に対処する姿勢を育成するために,広島県「『なくそう犯罪』ひろしま新アクション・プラン」の一環として,県と警察本部が連携して,県立広島大学(三原キャンパス)の学生を対象に,安全・安心を守る防犯講座を実施しました。

1 日時      平成25年5月16日(木曜日)午前11時20分~午後0時00分

2 場所    グリーンピアせとうち(呉市安浦町三津口326-48)

3 参加者  県立広島大学 三原キャンパスの学生および教職員 約270名 

4 内容

 犯罪から身を守るための参加体験型の防犯講座を行いました。講座では,警察本部安全安心推進課員が,女性が被害に遭いやすい場面を想定して,被害に遭わないために留意すべきことや,心構えなどの講話を交えての護身術の模範訓練を行いました。

 その後,参加した学生のみなさんも,それぞれが護身術を体験し,万一被害に遭いそうになったときのための対応要領を学びました。

 このほか,犯罪が起こりやすい場所での注意事項や,ひったくり被害に遭わないためのカバンの持ち方,防犯ブザーの効果的な活用についても学びました。

1

1

安全・安心で充実した学生生活を送るため,参加体験型の防犯講座を行いました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする