ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 安全・安心なまちづくり「ひろしま」地域活動支援サイト > 広島国際大学で特別講義「子どもの安全な環境づくり」を開催しました

広島国際大学で特別講義「子どもの安全な環境づくり」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月18日更新

 凶悪事件の発生など,子どもの安全が危惧されている中,安全・安心なまちづくりに向けた県民総ぐるみ運動の一層の推進が求められています。
 こうした中,県では広島国際大学との連携のもと,同大学の教員等を目指す学生を対象に,「減らそう犯罪」広島県民総ぐるみ運動の推進状況,子どもの安全教育や地域安全マップづくりに関する特別講義を実施しました。

概要

1 日時
   平成24年6月11日(月曜日)9時00分~10時30分(1時限目)
 
2 場所
   広島国際大学  呉キャンパス
(呉市広古新開5-1-1)
 
3 講義内容                                  
講師:県民活動課 
演題:子どもの安全な環境づくりについて
      子どもを取り巻く治安情勢  
      県や教育委員会,地域や学校の取組み  
      防犯に関する理論
      「地域安全マップづくり」による「子どもの危険回避能力」の向上
4 受講生
学校教員等を目指す学生 9名

5 講義の様子
  02

【受講生の感想】

    子どもの犯罪被害の状況というのは,今まで知る機会がなかったので,勉強になりました。犯罪被害に遭わないための予防措置として「人」ではなく,「場所」の具体例といったことを分かりやすく解説していただいたことで,防犯に対する意識を持てたように思います。
    今回は「教員になるにあたって」という視点からも受講したことで,今までと違う,自分だけでなく,子どもたちを守るという意識を持つことができました。ありがとうございました。
 ライン

   刑法犯認知件数の戦後からの推移をみて,犯罪被害というものは,未然に防ぐことができることを知りました。私のイメージでは,犯罪被害ということが,あまり身近なことだとあまり意識してきませんでした。
  しかし,それは,地域の防犯活動や警察を始めとする,犯罪被害を減らそうとする行動のおかげなのだろうと思いました。
  「地域安全マップづくり」のビデオの終わりのあたりで,大人を信じるなと子どもに教えてしまうこともありがちな風潮があ
 ると思う。
  しかし,多くの大人は子どもを守りたいと思っており,それが,「人」ではなく,「場所」に着目した「地域安全マップづくり」を通して,子どもたちに「危険な場所」を予測し,危険を回避する能力を身につけてもらう行動に結びついていると思いました。
  ぜひ,小学校への出前授業「地域安全マップづくり」にボランティアとして,参加してみたいなと思いました。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。