ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども防犯フォーラム「みんなで守ろう!子どもの安全」(廿日市市会場)を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2012年3月22日

  広島県,広島県教育委員会及び広島県警察では,「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動を広く展開し,子どもの安全をはじめとする「地域の安全」を確保するため,県民,事業者など,多様な主体との協働・連携した「安全・安心なまちづくり」と「安全・安心をもたらす警察活動」を密接な両輪として,安全・安心な,犯罪の起こらない社会を目指しています。

  今回,新規就学児童や小学生児童の安全・安心な環境づくりを目的として,「子ども防犯フォーラム」と「子ども防犯教室」を県内三会場(廿日市市,尾道市,安芸高田市)で開催することとし,1月28日(土曜日),廿日市市会場での「子ども防犯フォーラム」及び「子ども防犯教室」を同時開催しました。

 

と き 平成24年1月28日(土曜日)10時30分~12時30分

ところ はつかいち市民大野図書館

参加者 約80名

○ 基調講演(比治山大学 上之園教授)

  基調講演では,比治山大学の上これ園公子教授が「子どもとともに『安全』をつくる」と題して講演をされ,家庭でも通学道の地域安全マップを作るよう提案されました。「子どもを守るだけでなく,子ども自身がおのずからの危険を察知してそれを避ける危険回避能力を身に付ける力を育てることが大切」と話されました。 

基調講演の様子

 また,講演の後半では,参加者同士がゲームを交えた自己紹介を実際に行って,お互いのコミュニケーションをとる演習も行い,終始和やかな雰囲気の中,参加者からは「人に注意すること以上に,場所に着目することが大切なことがわかった」,「子どもの安全に関して具体的な事例を分かり易く説明してもらい今後の活動に役立つと思います」などの感想が寄せられました。

自己紹介演習の様子

講演概要 (Wordファイル)(97KB)

○ 現状説明 

  現状説明の発表では,廿日市市教育委員会で地域連携推進員として活動されている 正留律雄さんが,「子どもの安全確保には地域の協力が不可欠」とのテーマで,市の大野中学校区学校支援地域本部の見守り活動について報告をされました。

現状説明の様子

○ アトラクション(廿日市市市立池田保育園)

  アトラクションでは,廿日市市立池田保育園の園児たちによる元気な合奏や合唱が披露され,会場内は和やかな雰囲気に包まれました。参加者たちは,子どもたちの一生懸命な姿に,盛んに拍手を送っていました。

 池田保育園園児によるアトラクション

○ 子ども防犯教室

「子ども防犯フォーラム」と同時開催の「子ども防犯教室」にもアトラクションに参加する前の園児などが参加。知らない人に声を掛けられたときにはどうするかなどについてクイズに答えながら勉強しました。指導には,比治山大学の学生さんや県警スリーアローズのボランティアメンバーの協力をいただきました。

  

子ども防犯教室の様子

○ 会場内の様子

  会場内には,子ども見守り活動に関する関連グッズや地域安全マップなども掲示させていただきました。また,会場の一角には,県民活動課の業務である犯罪被害者支援関連のリーフレット,パネルなども置かせていただき,犯罪被害者支援に関する広報啓発にも努めました。

 地域安全マップの展示状況犯罪被害者支援関連のパネル展示

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする