ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 安全・安心なまちづくり「ひろしま」地域活動支援サイト > 比治山大学で特別講義「子供の安全な環境づくり」を開催しました

比治山大学で特別講義「子供の安全な環境づくり」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月1日更新

概要

 凶悪事件の発生など,子供の安全が危惧されている中,安全・安心なまちづくりに向けた県民総ぐるみ運動の一層の推進が求められています。
 こうした中,県では比治山大学との連携のもと,同大学で教員等を目指す学生を対象に,「なくそう犯罪」広島県民総ぐるみ運動の推進状況,子供の安全教育や地域安全マップづくりに関する特別講義を実施しました。

01
【講義の様子】
1 日時
平成26年6月23日(月曜日)18時00分~19時30分
 
2 場所
比治山大学
(広島市東区牛田新町4丁目1-1)
 
3 受講数
教員等を目指す学生 207名
4 内 容
講師:県民活動課
演題:「子供の安全な環境づくり」について
講演骨子
* 子供を取り巻く治安情勢
* 子供を守るための地域や学校での取組の現状
* 防犯対策に関する基本的な考え方に関する理論
* 犯罪被害からの危険回避能力の向上に有効な「地域安全マップづくり」

【受講生の感想】

 犯罪被害を防止するために,人ではなく,場所に着目して,地域安全マップづくりが行われていることが分かった。大人の視点では気がつくことができない危険な場所が多いから,子供たちに自分でまちを調べてもらうことで,犯罪が起こりやすい場所の特徴を実感させないと,防犯に対する姿勢を身につけてもらうことにつながらないことが分かった。今日の講義で印象に残ったのは,ゴミや落書きが放置されている場所は地域の人が無関心な場所であり,治安が悪くなる要因になるということです。地域安全マップづくりと合わせて,ゴミ拾い活動を行えば,地域安全だけでなく,地域交流の活性化につながるのではないかと思った。私もこうした活動に参加して,地域の安全づくりに貢献したいと思った。

ライン

 地域安全マップづくりは大人がつくり,子供が危険な場所を教えてもらうものであると勘違いしていた。子供たちが自分のまちを歩き,住んでいる人にインタビューをさせてもらい,自分の目で危険な場所を見つけることで,教えてもらうだけでは身につけることができない犯罪被害からの危険回避能力を身につけることができる。また,大人たちは子供たちといっしょになって,地域安全マップづくりに参加することで,子供の視線を知ることができ,大人にとって安全だと思っていた場所が子供にとっては危険な場所であることが理解することができる。
 私の住んでいるまちには街灯が少なく,子供が大勢住んでいるので,暗くなってくる時間が早い時期は心配である。地域安全マップづくりを通して,大人たちが対策を検討していくことも必要である。街灯を増やすことが難しいのであれば,子供が帰ってくる時間には,迎えにいくといった,子供たちの安全な環境づくりを考えていきたい。

 ※ 多くの学生の皆さんに,子供の安全な環境づくりについて理解を深めてもらい,地域安全マップづくりに参加して欲しいと思います。(県民活動課)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。