ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 安全・安心なまちづくり「ひろしま」地域活動支援サイト > 広島文化学園大学で特別講義「子どもの安全な環境づくり」を開催しました

広島文化学園大学で特別講義「子どもの安全な環境づくり」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月10日更新

概要

 凶悪事件の発生など,子どもの安全が危惧されている中,安全・安心なまちづくりに向けた県民総ぐるみ運動の一層の推進が求められています。
 こうした中,県では広島文化学園大学との連携のもと,同大学で教員等を目指す学生を対象に,「なくそう犯罪」広島県民総ぐるみ運動の推進状況,子どもの安全教育や地域安全マップづくりなどに関する特別講義を実施しました。


01

【講義の様子】

1 日時
  平成25年7月2日(火曜日)10時45分~12時15分
 
2 場所
  広島文化学園大学 広島長束キャンパス
  (広島市安佐南区長束西3丁目5-1)
 
3 受講者
  教員等を目指す学生 17名
4 内 容
  開催あいさつ:広島文化学園大学 学芸学部 升尾好博 教授
  講師:県民活動課
  演題:「子どもの安全な環境づくりの取組み」について
  講演骨子
    * 子どもを取り巻く治安情勢
    * 子どもを守るための地域や学校での取組の現状
    * 防犯対策に関する基本的な考え方に関する理論
    * 県が普及に力を入れている子どもの危険回避能力の向上などに有効な「地域安全マップづくり」
    * 「地域安全マップづくり」の具体的な進め方・注意点など

【受講生の感想】

 私がボランティア活動を行っている小学校に,「地域安全マップ」が廊下に掲示されています。誰もが目にすることができる場所に掲示されているため,子どもたちが身近に感じることができるような工夫がされているのだなと思いました。
 今日の講義を聴くまでは,これまでに犯罪が起きた場所,不審者が出た場所にマークがしてあるのだと思っていました。しかし,そうではなく,犯罪が起こりやすい場所を予測してマークがされているのだと分かったので,次に小学校へ行ったときには注意して見てみようと思いました。
 また,危険を予測し,回避する能力を育成するためには,学校だけでなく,家庭や地域と連携することが大切なのだと分かりました。そして,地域安全マップづくりに取り組むことによって,協調性やコミュニケーション能力が養われるため,とてもよい活動だと思いました。
 教員を目指している者として積極的に活動していきたいと思います。

※ 多くの学生のみなさんに,「地域安全マップづくり」など地域での防犯の取組を理解してもらい,地域の方々と連携して,犯罪被害に遭わない地域づくりに取り組んでいただきたいと思っています。〔県民活動課〕

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。