ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島市立古田台小学校で全校児童が地域安全マップづくりを行いました

印刷用ページを表示する掲載日2012年1月10日

概要

広島市立古田台小学校(校長前重幸美)では,講師に県民活動課職員を招いて,1年生から6年生までの全校児童が,生活科と総合的な学習の時間に「地域安全マップづくり」を行いました。その様子を紹介します。

○ 日時・参加者

  平成23年12月14日(水曜日)   4年生53名

  平成23年12月16日(金曜日)   3年生52名

  平成23年12月19日(月曜日)   6年生46名

  平成23年12月20日(火曜日) 1,2年生86名

  平成23年12月21日(水曜日)   5年生48名

○ 場 所 

   広島市立古田台小学校及びその周辺

講義の様子

  こんなとき,どうしたらいいかな?

○ 事前学習

  1,2年生は防犯教室を行い,知らない人に声をかけられたとき,危険を感じて逃げるときどう

 したらよいかを,クイズ形式で楽しく学習しました。自分の身を守るために,お腹の底から「助け

 て」と声を出す練習もしました。3~6年生は,「安全な場所」は「入りにくく見えやすい」,「危険な場

 所」は「入りやすく  見えにくい」ということを学習しました。「安全な場所」と「危険な場所」が分かるよう 

 になることが,「自分の身を守る」ことにつながることが分かりました。 

大声を出す練習

大声を出す練習もしました。

○ フィールドワーク(1,2年生)  

   1,2年生は,防犯教室の後,各学年4班に分かれて,古田台公園でフィールドワークを行いまし 

  た。古田台公園では,県民活動課の正に用意してもらったワークシートを持って,「安全な場所」「危

  険な場所」を見て回りました。

   古田台公園から帰って,「見えにくいところには,一人で行かない。」「トイレに行くときは友達と行

  く。」などの気付きを,ワークシートに書き込みました。

ワークシート

1,2年生はワークシートで学習しました。

○ フィールドワーク(3~6年生)

3年生以上は,事前学習の後,各学年6班に分かれて学校周辺のフィールドワークを行いました。 

  前日までに,「班長」「副班長」「地図係」「写真係」「インタビュー係」「メモ係」の役割を,班ごとに分担

しておきました。

 フィールドワークでは,地域の正にも協力してもらい,インタビューを通して地域の「安全な場所」「危険

な場所」を教えていただきました。

 事前学習で学んだキーワード「入りやすく 見えにくい」をフィールドワークで確認し,自分たちが住む

地域をふだんとは違った視点で見ることができました。

フィールドワークの様子

天候にも恵まれ,絶好のフィールド

 ワーク日和でした。

○ マップづくり(3~6年生)

   フィールドワークの後はマップづくりです。

 自分たちの足で歩いて調べた場所を,「地域安全マップ」にまとめました。

 「歩道にガードレールあると,安全である」「金網の柵で囲まれた公園は,見えやすいので安全であ

 る」など,「安全な場所」についてマップに書き込みました。また,「入りやすく見えにくい」のキーワード

 を使って,「危険な場所」も書き込みました。

マップ作製の様子

みんなで協力して,マップづくりをしました。

○ 発 表

  作製した「地域安全マップ」を使って,班ごとに調べた「安全な場所」「危険な場所」を報告し

たり,感想などを発表したりしました。

  「地域安全マップづくり」を通して,「安全な場所」と「危険な場所」を見分けるためのキーワ

ード,自分たちの身近なところにも「危険な場所」があることを知ることができました。

  また,自分の身を守るためには,「危険な場ところが分かること」「危険な場所には近付かないこと」

が大切であることを学習しました。

発表の様子

危険な場所には注意してください。

古田台小学校では,全校をあげて「地域安全マップづくり」に取り組んでいました。自分の身を自分で守るために,「安全な場所」「危険な場所」が分かることはとても大切なことです。

 県民活動課では,小学生を対象にした「地域安全マップづくり」や防犯教室に力を入れています。また機会があれば,声をかけてください。【県民活動課】

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする