ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 安全・安心なまちづくり「ひろしま」地域活動支援サイト > 三原市立糸崎小学校で「地域安全マップづくり」を行いました

三原市立糸崎小学校で「地域安全マップづくり」を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月10日更新

概 要

 1 日    時
 平成27年5月25日(月曜日) 8時10分~11時10分
 2 場  所 
 三原市立糸崎小学校周辺
 3 参加者 
  三原市立糸崎小学校 3年生20名 4年生18名 合計38名

プログラム 

開始時刻内 容
 8時10分事前学習「地域安全マップづくりについて」
 8時50分フィールドワーク
 9時50分地域安全マップ作製
10時40分発表
11時05分

まとめ

当日の様子

事前学習   

 犯罪被害に遭わないために大切なことは,どの場所に行っても「犯罪が発生する危険な場所」のキーワード「入りやすく」「見えにくい」を使って,「犯罪が発生するおそれがある危険な場所」を見分けて,自分で適切に行動することであると,学びました。
 また,自分たちの安全に日ごろから気を配ってもらっている「子供110番の家」の大切さも学びました。
 学習のまとめでは,「どうしてこの場所は犯罪の被害に遭いそうな危険な場所でしょうか。」と問われると,「この場所は,誰でも入りやすくて,周りの大人からは見えにくいので危険です。」と大きな声で答えがありました。

事前学習の様子

犯罪が発生する危険な場所の見分け方を学びました。

フィールドワーク

 事前学習の後,6班に分かれて,学校周辺でフィールドワークを行いました。
 フィールドワークでは,保護者や地域の方々,県内の小学校で出前講座「地域安全マップづくり」に取り組んでいるPACE福山支部(福山大学)の大学生ボランティアの方々に,児童のみなさんを指導していただきました。
 事前学習で学んだ「犯罪が発生するおそれがある危険な場所」のキーワード「入りやすく,見えにくい」を使って,犯罪が発生するおそれがある危険な場所を探して,被害に遭わないよう適切な行動をとることが大切であることを身をもって学びました。

フィールドワークの様子
キーワードを使って危険な場所・安全な場所を確認
しました。

地域安全マップの作製

  教室に戻り,自分たちが発見した犯罪が発生するおそれのある危険な場所や安全な場所について,「どうしてこの場所が危険(安全)なのか」が分かる解説メモを作って,模造紙に張り,みんなで協力して,地域安全マップを完成させました。
 
地域安全マップづくり

保護者や地域の方々や大学生ボランティアの指導の下,
地域安全マップを完成させました。

発表

  完成した地域安全マップをもとに,一人一人,自分で見つけた危険な場所・安全な場所が,どうして危険(安全)なのか,キーワードを使って,発表しました。
 
発表01発表02
地域安全マップが完成しました。

キーワードを使って,危険な場所と安全な場所に
ついて発表しました。

 【県民活動課】
 これから成長していくにつれ,活動範囲が広くなります。犯罪が起こりそうな危険な場所には近づかないことが基本です。今回学んだ安全な場所と危険な場所の見分け方は,大人になっても変わりません。自分自身で適切な行動がとれるようになってください。
 みんなが見守っています。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。