ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島経済大学で特別講座「子どもの安全な環境づくり」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月28日

概要

 凶悪事件の発生など,子どもの安全が危惧されている中,安全・安心なまちづくりに向けた県民総ぐるみ運動の一層の推進が求められています。
 こうした中,県では広島経済大学との連携のもと,同大学で教師を目指す学生を対象に,「なくそう犯罪」広島県民総ぐるみ運動の推進状況,子どもの安全教育や地域安全マップづくりなどに関する特別講義を実施しました。

1.日時・場所
    平成23年11月10日(木曜日)10時45分~12時15分(2時限)

2.場所
    広島経済大学(広島市安佐南区祇園5-37-1)142教室 

3.受講者                                  
教員を目指す学生 14名
 
4.内 容
● 担当教員: 教養教育部(教職課程担当)  神田義浩 教授
● 講演
 ・ 講師:県民活動課:野山参事
 ・ 演題:「子どもの安全な環境づくりの取組み」について
 ・ 講演骨子
  * 子どもを取り巻く治安情勢
  * 子どもを守る「地域や学校での取組」の現状
  * 防犯対策に関する基本的な考え方
  * 県が普及に力を入れている子どもの危険回避能力の向上などに有効な「地域安全マップづくり」
  * 地域安全マップづくり」の具体的な進め方・注意点など

【受講生の感想】

● 県内だけで1日平均77件の犯罪が発生していると知り,日ごろから自分自身で気をつけて行動しなければならないことがよく分かりました。また,子どもを守る上で,地域の大人に深く関心を持ってもらうことが重要であることも分かりました。
  子どもや女性は頑張って抵抗したとしても限界があるため「入りやすい」「見えにくい」を日ごろから意識して,スキをつくらない生活をしていこうと思いました。

ライン

● 安全対策は人に注意を払うのではなく,場所に注意するということは考えてみたことがなかった。
私が教師になる際には,人を疑うことではなく,場所に注意しようと指導したい。

ライン

● ※ 多くの学生のみなさんに,「地域安全マップづくり」について正しい理解を深めてもらい,将来的にはマップづくりの指導者になって欲しいと思っています。

授業の様子

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする