ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 平成21年度広島県道徳教育指導資料作成委員会分野別作成部会(第1回)
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

平成21年度広島県道徳教育指導資料作成委員会分野別作成部会(第1回)

事業説明

事業概要

心の元気を育てる道徳教育充実事業(PDF250.8KB)

報告

広島県道徳教育指導資料作成委員会協議内容

●作成方針
 ・広島県道徳教育指導資料作成要領(PDF93.2KB)
 ・広島県道徳教育指導資料(地域教材開発の手引・読み物教材例集・授業展開例集)作成イメージ(PDF147.0KB)

●年間計画 等

全体協議

年間計画等

・分野別作成部会年間スケジュール
・平成21年度道徳教育用教材リスト

分野別協議

分野別教材作成のポイント等

 

【協議】

先人の伝記
協議の様子1
自然
協議の様子2
伝統と文化
協議の様子3
スポーツ
協議の様子4

【全体発表】

全体発表の様子1
○ ねらいとする価値の明確化
○ 認知度
○ 地域への貢献度  など
全体発表の様子2
○ ねらいとする価値の明確化
○ 体験活動とのかかわり
○ 写真や映像の活用
全体発表の様子3
○ ねらいとする価値の明確化
○ 体験活動とのつながり
○ 伝統文化伝承の必要性 など
全体発表の様子4
○ ねらいとする価値の明確化
○ 子どもたちに身近なもの
○ 視聴覚機器の活用     など 

講演

「地域教材の開発と活用の意義」

 関西学院大学教授 横山利弘関西学院大学 教授 横山利弘

 

はじめに

 1 教材開発の意義

(1)教師の指導力(授業づくり)の向上

2 地域教材開発の意義と留意点

(1)子どもたちに身近なものとなるように開発する
 ・発達の段階に応じた地域(郷土)のとらえの広がりを心得る
 ・児童生徒の意識を把握することの必要性

(2)いい話をつくる
 ・児童生徒が感動するもの
 ・地域のすばらしさが伝わるもの

(3)伝統と文化
 ・地域のよさが出ている言葉に注目を
 ・地方色を大切に

(4)スポーツ
 ・事実に加えて,その背景にある真実を大切に
 ・感謝という視点も大切に

3 分野別教材開発のポイント

(1)先人の伝記
 ・エピソードの取り上げ方を大切に
 ・地域への貢献度を視点に

(2)自然
 ・体験とのつながりを考えて
 ・地域の自然のすばらしさを感じさせるものに

おわりに

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。