ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

豊平町立豊平中学校 成果と課題

 今,子ども達を取り巻く社会はめまぐるしく変化し,その場の状況に流され,つい自分を見失いがちになってしまう状況である。しかし,こうした社会状況の中で子ども達が正しく判断し,豊かな人生を切り開いていくためには豊かな心を培う教育が必要である。したがって,道徳教育の中心となる「道徳の時間」は大切である。そして,子ども達が夢と希望を持ち,生きる目的や意味を感じ,意欲的に学ぶことで「確かな学力」の向上へとつながっていると考える。「確かな学力」をつけるためには「豊かな心」の支えが必要であると考える。このことについては,今後の実践を通して検証していきたい。本校の道徳教育の研究は始まったばかりですが,生徒達の豊かな成長を願いながら,今後とも一層の努力を続けていきたいと考えています。

生徒の画像

トップページ  取組みの概要  実践のポイント

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする