ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東広島市立東西条小学校 成果と課題

成果と課題

“えがおいっぱい”の子どもたちがふえた

「えがおいっぱいの学校をつくろう」をテーマに取組みを始めてから3年目を迎える今年,県内の5年生を対象に行った「基礎・基本」定着状況の調査で,本校の5年生は,「自分のよいところを言うことができる」「自分のよさは,周りから認められている」という項目の数値が高いことが分かりました。

   自分のよいところを言うことができる(%)     自分のよさは周りから認められている(%)

グラフ     グラフ

5年生だけでなく,他の学年の子どもたちも,自分に自信をもち,自主的に行動できるようになってきたことを感じます。“子どもたちが「自分が好き」「自分に自信がある」と言えるようになってほしい”“えがおで毎日が生活できるようになってほしい”というわたしたち職員の願いが,徐々にではありますが,実現されつつあること,本当に嬉しく思います。これからも,保護者や地域の方のご協力をいただきながら,実践を積み重ねていきたいと思います。

 ⇒ 本校のトップに戻る場合は,ブラウザの「戻る」をクリックしてください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする