ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 安芸太田町立加計中学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

安芸太田町立加計中学校 実践のポイント

II 実践のポイント

「豊かな心を育てる道徳教育の推進」をし,生徒の心にひびく道徳の授業づくりをしていくことを通して,学校教育目標の「夢確かに,心優しい生徒の育成」を目指している。本校では「生徒の心にひびく授業づくり」のために2つのかかわりを柱として,道徳の時間の授業づくりを工夫していこうと考えている。

1 道徳の時間の工夫

(1)本物や現実とのかかわりを大切にした授業 

○道徳的価値項目にかかわってTV放送,新聞記事,身のまわりの資料を題材にして,本当にいる人の行動や生き方,本当にあった出来事により多く出会わせる。
○道徳の時間のねらいに関係する補助資料を有効に活用し,実生活とのつながりをより意識させる。

矢印
現実とのかかわりや葛藤の中で考えることができ,自分の考えを深めることができる。
矢印
豊かな心が育ち,現実における実践力が高まる。

(2)仲間とのかかわりを大切にした授業

○様々な形態による生徒どうしの意見交流を仕組むことによって,友達の多様な意見や考え方に触れさせる。

矢印
自分とちがう意見とのかかわりや葛藤の中で考えることができ,自分の考えを深めることができる。
矢印
豊かな心が育ち,現実における実践力が高まる。

2 様々な教育活動

道徳を中心とした学校教育推進の構想の中にもあるように,道徳教育を教科はもちろん,学校の様々な教育活動と関連づけて取り組んでいこうとしている。

(1)総合的な学習の時間

○1年生<地域を調べまとめる-聞き取り調査>

自然,文化,産業など自分で地域について知りたいテーマを見つけ,調べ,まとめて発表することに取り組んでいる。郷土を大切にする気持ちを育て,道徳的実践力を身につけることにつながっている。

○2年生<地域を体験しまとめる-介護体験>

介護体験の様子今年度,総合的な学習の時間において,「地域を体験する」授業の一環として,旧加計町内にある老人養護施設を訪問し,また「元気講座」に参加し,高齢者とのふれあいを体験した。その中で,「人とのかかわり方を学び,実践する力を養う」という視点を大切にしてきた。訪問前に,『公徳心・よりよい社会の実現』の観点で道徳の授業を行った。ボランティアとは何かということについて深く考え,「みんなのためにできることは何か」ということを真剣に模索し,福祉体験学習の実習の際にも,良い示唆となった。

○3年生<地域を表現する-太鼓の伝承>

加計深山峡太鼓地域の指導者の協力のもと,「加計深山峡太鼓」に取り組んでいる。「加計深山峡太鼓」は地元の子ども会で伝承されているもので,21年の歴史をもつ創作和太鼓である。この太鼓を加計中学校が取り組み始めて今年で4年目になる。文化祭等の学校行事のほかに,地域の行事などで演奏依頼を受け,大勢の人の前で演奏する経験をさせていただいた。特に加計で行われた国際平和セミナーのイベントとして,外国の学生たちの前で演奏したときには大変喜ばれ,郷土芸能のよさを改めて感じる機会となった。また,3学期には2年生へ太鼓演奏の指導をする予定である。このような活動を通して,郷土の文化を大切にし,受け継ごうとする意欲を育てることができると考える。

(2)生徒会活動

生徒会活動の様子加計中学校生徒会スローガン『一人ひとりを大切にし,ともに高まる加計中を創ろう』をもとに,生徒会長などを中心にしてさまざまな活動を行っている。生徒会活動は自治活動であり,自分たちの生活をよりよくしていく活動の一つである。加計中学校は生徒数が少ないこともあり,学年だけの取り組み活動だけではなく,春・夏の野外活動,運動会,文化祭など生徒会にとって大きな行事において,異学年の縦割り集団の行事を多く取り入れている。これらの行事では,生徒の自主性を重んじ,一人一人が責任を持ち,協力し合いながら行っている。また,異学年と一つの行事をやり抜く事で,「来年になったら自分たちも」という気持ちが湧き,昨年以上のものを創り出そうとしている。 ふれあい茶摘みでは,地域の高齢者にも参加していただき,一緒に茶摘みをしながら交流を深め,このことが結果的に「勤労の尊さ」「地域を愛する気持ち」を考えるきっかけとなっている。
このように生徒会活動の中で,さまざまな活動の企画・実施を自主的にまた協力して行うことにより,望ましい道徳性を身につけ,実践力を高めていくことにつながっている。

(3)学校行事 

トイレ掃除の様子夏休み恒例の奉仕作業において,今年度は「広島掃除に学ぶ会」の方々の指導のもと,校舎や町民体育館のトイレ,駅前の公衆トイレの掃除に取り組んだ。素手と裸足で行うもので,作業を始める前,生徒たちは抵抗もあったようだ。しかし,作業が進むにつれ,一人ひとりが真剣に取り組み,自分の担当の便器をきれいに磨こうとするようになった。掃除の仕方を実際にやって見せながら熱心に指導してくださる方,そして地域の方や保護者,職員も一緒になって汗を流しながら作業をした。このような活動は,奉仕の精神をもって自ら進んで実践しようとする態度を育てることにつながると考える。さらに,学校全体,または地域のために役立つ行動ができたことに対する充実感や喜びを感じることができたように思う。

 

 

トップページ 取組みの概要 成果と課題

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。