ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

三原市立中之町小学校 成果と課題

○ 発問を工夫することによって,子どもたちが多様な考えや価値観を出し合いながら,ねらいとする道徳的価値について深く考えていくようになってきている。

○ 家庭・地域社会との連携を大切にしながら進める道徳教育に理解をしてもらえるよう保護者や地域の人にもゲストティーチャーとして道徳の時間に参加していただき,地域の人とともに考えていくことができるようになってきている。

○ 「心のノート」の活用や「道徳コーナー」の設置,よりよく伸びようとする子どもの姿を写真掲示していくことで,自分らしい生き方への意欲を高めるきっかけをもとうとしている雰囲気ができつつある。

○ 道徳の時間に培ってきた道徳的実践力が道徳的実践につながっていけるよう子どもの意識の流れを大切にした事前,事後指導を継続して充実させていく。

 

トップページ 取組みの概要 実践のポイント

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする