ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立阿戸小学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立阿戸小学校 取組みの概要

(1)教育活動全体を通しての道徳教育の推進

(1) 朝の読書タイム

全学年で毎朝10分間の読書タイムを設け,心を落ち着かせて自分の好きな本を読んでいく。たくさんの本に出会い,
豊かな心を育み,心に響く道徳教育につなげる。
 また,読書郵便や感想文で紹介し合って広める活動も進めている。

(2) ハロータイム(英語活動)

全学年で毎昼の15分間,ビデオなどを活用して,英語の歌やチャンツ,挨拶などに親しみ楽しむ。

(3) 環境づくり

道徳の掲示コーナーを設け,各学年ごとに授業した様子を全校に知らせる。
また学級にも道徳コーナーを設けて,意識の変容をうながす。
 校内掲示に児童の作品を展示する。 
道徳の掲示コーナーの写真 道徳の掲示コーナーの写真

(4) 道徳教育推進者の役割

・道徳教育全体計画の作成,研究計画の作成。
・各学年の道徳授業計画に参画。
・各学級の道徳の時間にT・Tとして参加。         
(担任と打ち合わせ,反省,毎時間の授業記録を残す)
・校内研修,公開研究会の企画・調整。
・各種研修会参加,先進校視察,定例報告会参加。  

 (2)「道徳の時間」の工夫・改善

(1) 道徳の授業づくり  

○ 価値項目の決定・資料の選択
・主に副読本を活用し,時には,VTR,自作資料,新聞記事などを活用する。
・提示には,読み聞かせ,紙芝居,ビデオ,プロジェクターなどで変化をつける。

○ 道徳の時間の学び方
・自分の思いを自由にだす場として。
・友だちの発言との出会い,資料との出会い,新しい自分との出会いの場にする。    

○ 中心発問や補助発問
・決定した価値項目とつなげるために,多様な思いがでる問いかけを考える。
・中心課題にせまるための基本的な発問を考える。
・自分が判断した根拠を議論させることができる発問。
・シチュエーションの追求に終始しない発問を考える。
・揺さぶりや切り返しの発問も考え,価値項目にせまれるようにする。    

○ 終末,振り返り場面
・自分の生活体験と重ねて考えられるように,事前のアンケート,体験活動,ゲストティーチャー,説話など多彩な方法をとっていく。    
・書く場面を取り入れる。(ワークシート,心のノート)
・決めつけや誘導をさける。
・BGMを効果的に使う。

○ 心のノートの活用
・導入段階で本時のさそいとして眺めさせる。
・展開後段から終末にかけてのまとめとして書かせる。

○ 一枚絵や場面絵の効果的な活用と収集
・フレッシュアシスタントの先生に描いてもらった場面絵を,板書の中に生かしたり,紙芝居にしたりして有効に使う。
・本時の価値項目と関連させ,一枚絵として導入場面で使用する。

板書○ 板書の工夫
・場面絵やキーワードを用いて,T・Tが読み聞かせている間に流れとして提示し,授業を進めながら全体を完成させていく。    

(2) 担任と道徳教育推進担当によるT・Tの実施

○ 資料や指導案の作成,検討。
○ 複数の指導者を生かす授業づくり。

・資料の読み聞かせ ・机間指導(ワークシートの反応,発言のうながし,態度)
・ロールプレイ(役割演技) ・板書 ・説話  ・切り返しや揺さぶり発問
○ 授業後の成果と課題を相談し,記録に残す。

(3) 地域の人材活用   

授業の様子○ 体験活動にかかわっていただいた地域の方や盆踊りを教えていただいた方,交通推進隊の方などにお願いして,道徳の時間に招き,生き方や努力,考え方に触れさせる。
 例として,自然愛・郷土愛・愛校心などでの説話。 (2年「感謝」において)

(4) 総合的な学習の時間(生産活動・英語活動等)等との関連

・各学年ごとの生産活動と道徳の価値項目(自然愛・郷土愛など)をつなげる。
授業の様子・英語活動を通しての愛国心・国際親善など。
・体験活動とかかわらせた各学年の道徳構想図を参照。

(3)家庭地域と連携した道徳教育

○ 学校協力者会議などを通じて,地域への理解を図る。
○ 学校だより・学級通信などで,道徳の時間の様子を知らせる。(ジェシカ&バサンサ先生)
○ 道徳参観日を設け,保護者や学校協力者に公開する。
○ 生産活動や地域の伝統行事(阿戸盆踊り)への取り組みで,農事研究会・盆踊り保存会との連携を図る。
○ 心のノートや道徳ファイルを通じて,道徳の時間へのお願いなど,家庭との連携を密にする。

活動の様子

(4年 郷土愛)

授業の様子

(5年 愛校心)

授業の様子
 

 

トップページ 実践のポイント 成果と課題

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。