ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 大竹市立木野小学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

大竹市立木野小学校 成果と課題

 成果

・「道徳の時間」の進め方について校内で研修し合うことができた。その中で、家庭・地域と連携しながら授業を進められるようになってきた。
・あいさつ運動で積極的にあいさつをする児童が増えてきた。
・オンリーワンを持った子どもをめざすことで、児童一人一人が自信につながるめあてを持ち始めた。 

課題

・考えながら話せる力をつけるために、書く指導について系統的に取組みを進めたい。そのために、日記や視写、作文指導について校内研修を深めたい。
・聞いた後の感想が言えるために、自分と比べながら聞く指導やメモを取りながら聞く指導を行いたい。また、読書指導を充実させ児童の心を耕したい。
・あいさつ運動のように、道徳教育での実践化が図れるような取組みを増やしていきたい。そのために、家庭・地域との連携をさらに深めていきたい。
・自尊感情、自他の理解と尊重、生命尊重、コミュニケーション能力など、本校が取り上げた人権教育の視点について、年度当初から系統的な計画を考え、取組みを進めていきたい。

直線上に配置

大竹市立木野小学校トップページ 取組の概要 実践のポイント

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。