ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市立広谷小学校 成果と課題

 もどる

夏休み強化期間を終えた後の感想

 児童

  • あいさつ運動あいさつをすると気持ちがいいけど、はずかしくて知っている人しかあいさつができなかったので、もっとはずかしがらずあいさつができるといいです。(2年) 
  • 最後らへんに丸が続いて、いい結果が出せてよかったです。 わが家の3つの約束をしてよかったと思いました。 理由は、あいさつがふだんやっていなかったのに、わが家の3つの約束をやると、朝や、いつの時でもあいさつをたくさんできるからです。(4年)
  • 僕は、わが家の3つの約束をしてちょっとは生活が変わった。 あいさつは、どっちも返事を返さないときがあったけど、ほとんどできた。 くつそろえは、もうちょっときれいにそろえたほうが良かったと思った。 かたづけは出来たのが少しだったので、残りの夏休みでがんばろうと思った。(6年)

家庭

  • あいさつは、自分から進んですることは勿論のことですが、地域の人からも声をかけてくださる事があるようで、とてもありがたいことだと思っています。 みんなと一緒に読書をしている時間はとても気持ちが落ち着いていいですね。 これからも継続していきたいと思います。
  • このたびは、家族全員でいろいろなことを話し考えるとてもよい機会になりました。 まだまだ習慣になるには時間がかかるようで、親も子どものお手本になるように頑張っていこうと思います。
  • お陰で親も子も気が引き締まり、よい生活になってきているように思います。 特に強化月間中は表に丸印をつけるために頑張っていたようです。 このような期間がつくられ、夏休みのいいスタートがきれたので、とても有意義だったと思います。

今後に向けて

  • 3つの約束づくりと、あいさつ運動の輪を広げていきます。
  • 学校と家庭、さらには地域と連携して、子どものくらしを豊かにしていくための基本となることを大切にしていきます。

 

トップページ 取組みの概要 実践のポイント

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする