ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 呉市立昭和中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

呉市立昭和中学校 取組みの概要

 豊かな心で主体的に活動できる生徒の育成

取組みの概要イメージ図

  「地域との関わりを大切にする体験活動」と「道徳授業」(注)とを有機的に結びつけた総合単元的な道徳学習を展開することにより,生徒の「自己責任の自覚」が深まり,豊かな心で主体的に道徳的実践ができる生徒を育成する。

〈注〉「道徳授業」とは,「道徳の時間」及び道徳にかかわる生徒の教育活動を総称して表現したもの。

3年間を通した総合単元的道徳学習のねらい

学習段階自分を見つめる自分を考える自分を伸ばす
学 年第1学年第2学年第3学年
めざす生徒像まじめに努力しようとする生徒温かく人に接しようとする生徒意欲的に働こうとする生徒
重点項目基本的生活習慣【1-(1)】感謝・思いやり【2-(2)】勤労・奉仕【4-(5)】
関わりの広がり自分とのかかわり他者とのかかわり集団や社会とのかかわり
ねらい生徒一人一人が,集団活動を通して,共に関わり,自己を見つめ,まじめに努力する生徒を育成する。共に地域で生活する人たちとの関わりを通して,自分の生き方を考え,温かく接しようとする生徒を育成する。地域・社会に働く人たちとの関わりを通して,自己のよさを伸ばし,地域社会の一員としての自覚をもって,意欲的に働こうとす生徒を育成する。

総合単元的な道徳学習の基本構想図

総合単元的な道徳学習の基本構想図

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。