ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立湯来東小学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立湯来東小学校 取組みの概要

テーマ【ひびきあい かがやきあう 道徳の時間の創造】

1 主題設定の理由

 学校は,児童の豊かな人格形成をめざしていく場である。温かい雰囲気の中で,児童が共に学び合い,安心して自分の力を発揮し合う活動を通して,自分がかけがえのない存在として大切にされ,頼りにされていることを実感でき,自己実現の喜びを味わえるようにしていかなければならない。

 そこで,自分のよさ,友達のよさに気づき,おたがいに認め合っていく中で(ひびきあい),自分の思いを語り,友達の意見もしっかり聞き,おたがいのよさを伝え合い(かがやきあい),考えを深め,共に高め合う道徳の授業を創造していきたい。

 また,豊かなかかわり合いの中から,児童一人一人が自分の思いを堂々と語り,その思いを大切にして聞きあえる支持的風土の学級づくりをしていく中で,自己効力感を高め,自己を表現できる児童を育てていきたいと考える。

 これらのことから,本年度は「ひびきあい かがやきあう 道徳の時間の創造」をテーマに,自分の感じたことや考えたことをのびのびと表現することができる学級づくりに取り組むとともに,道徳の授業において,児童一人一人が道徳的価値について自覚を深め,道徳的実践力を身につけるための教師の発問の工夫等の指導法について研究することとした。

2 研究の視点

心に響き,心が動く多様な指導法の工夫

  • 児童一人一人が道徳的価値について自覚を深め,道徳的実践力を養う指導法の工夫
  • 自我関与させていく発問の工夫

支持的風土づくりに向けてのはたらきかけの工夫

  • 一人一人が自分の感じ方や考え方をのびのびと表現することができる学級づくり 

3 研究の方法

  • 理論研修
  • 授業研究・公開研究会
  • 事前・事後における資料分析と発問の研究
  • 児童の意識調査の分析などで児童の意識の変容を探る

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。