ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年度道徳教育実践研究委員会(第8回)

日時

平成28年1月15日(金) 10:00~16:30

場所

福山市立駅家南中学校

参加者

●「道徳教育改善・充実」総合対策事業のメニュー1における推進リーダー教師及び推進校担当者
●「道徳教育改善・充実」総合対策事業のメニュー2・3における推進地域代表担当者
●広島県教育委員会関係者
●各市町教育委員会の道徳教育担当者(希望)
●研修会場の近隣校教職員(希望)

内容

開会挨拶

広島県教育委員会 豊かな心育成課 課長補佐(兼)道徳教育係長 山田 幸治

係長挨拶

推進校及び推進地域における実践交流 

〇実践報告・協議「いじめを防止するための道徳教育の工夫」  
 テーマである「いじめを防止するための道徳教育の工夫」に基づいて実践した授業について報告し,協議を行いました。

報告
【協議の様子】

講義

広島県教育委員会 豊かな心育成課 道徳教育係 指導主事 大橋 美代子
〇「いじめを防止するための道徳教育の工夫」
<内容>

1 改訂の発端となったいじめ問題
 ・いじめ問題等への対応について(第一次提言)
 ・いじめ防止基本方針の策定について(通知)
 ・広島県いじめ防止基本方針
 ・道徳に係る教育課程の改善等について(答申)
 ・小学校中学校学習指導要領解説 総則編
2 「特別の教科 道徳」の中では
3 「私たちの道徳」の活用を通して

配付資料 

研究授業のポイント

福山市立駅家南中学校 住谷 勇紀 教諭  

研究授業

第1学年
授業者
 大浜 康弘 教諭(T1),住谷 勇紀 教諭(T2)
主題
 「いじめを許さぬ強さ」
資料
名 「私もいじめた一人なのに…」(「中学生の道徳1 自分を見つめる」 あかつき)

 授業1 授業2
 【授業の様子】                                  

授業における研究協議

〇協議の柱「いじめの問題を自分のこととして捉え,本時のねらいに迫ることができていたか」

 研究協議1 協議2 協議3
  【協議の様子】 

講演

<講師> 國學院大學人間開発学部 教授 田沼 茂紀
<演題> 「いじめを防止するための道徳教育の工夫」
<内容>
はじめに
1 道徳科ではぐくむ21世紀型道徳力
2 道徳科を「教科」と理解して指導する
3 道徳科の目的を明確に授業構想する
4 問題解決的にアクティブな道徳科学習を創る
5 道徳科の教材活用を多様に考えることも大切である 

講演
【講演の様子】

講演資料

閉会挨拶

 広島県教育委員会 豊かな心育成課 課長補佐(兼)道徳教育係長 山田 幸治

閉会挨拶

                                                     

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする