ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

各教科等との関連を図った指導 指導のポイント

1 総合単元的な道徳学習の構想図の作成

  • めざす子ども像の明確化
  • 児童実態の的確な把握
  • 道徳のねらいと各教科等のねらいとの有機的な関連
  • 児童の意識の流れの継続と価値の深まり
  • 道徳的実践の場の位置づけ
  • 校内環境の整備(道徳コーナーなど)

2 道徳教育の要となる道徳の時間の充実

 道徳の時間は,各教育活動において行われる道徳教育を,全体にわたって調和的に補充,深化,統合する時間である。

児童の立場から見ると,道徳の時間は,各教科等で学習した道徳的諸価値を,全体にわたって人間としての在り方や生き方という視点からとらえなおし,自分のものとして発展させていく時間ということになる。

 各教科等において学習した内容と道徳の時間の学習をつなげ,道徳の時間が要としての役割を果たしていくためは,次のようなことがポイントとなる。 

  • 資料提示の工夫
  • 発問(中心発問・補助発問)の精選,吟味
  • 道徳ノート等の活用

3 学校しての特色を生み出す(本校の場合)

  • 響き合う歌声づくり(全校合唱,琴合唱奏,吹奏楽演奏など)
  • 地域ボランティアの活用(本物との出会い)
  • 体験活動の充実
  • 表現活動の場の設定(伝え合いの場)
  • 縦割り班活動
  • 家庭との連携(道徳ノートの活用)

トップページへ 指導計画へ 指導の実際へ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする