ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立筒瀬小学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立筒瀬小学校 成果と課題

 成果

指導者として

  • 本校の体験活動を意識して,導入や終末の一部分でも,授業の中で活用することができた。
  • 教科等との関連性が明らかになり,総合単元的な考え方ができるようになった。
  • 板書をたくさんするより,子どもの発言を受け止めて聴こうとするようになった。校内研修での「子どもの発言の後,2秒は待とう。」という指導助言が役立った。
  • 他学年の授業を見ることで,ねらいがぶれないための資料の絞り込みや発問が大事だということがわかり,自分の授業に生かすことができた。

子どもの様子から

  • 学級の生活場面で「この前,道徳の時間でやったよ。」という言葉が児童から聞かれるようになり,実践しようとする態度が見られた。
  • 道徳の時間は他者の多様な感じ方に気づくための時間ととらえ,自分の思いを積極的に発言できるようになってきた。
  • 授業後の児童の感想には,登場人物や自分の気持ちが書けた喜びや,葛藤場面ではどちらの気持ちもあって悩んだ様子が表れており,道徳の時間が自分と向き合う時間となっていることがわかった。

 課題

  • 授業実践における玖谷埋立地の職員のお話を,筒瀬小オリジナル教材として文章資料化する。
  • 授業で使った紙芝居や画像,板書の写真,指導案などをまとめて,共有できる工夫をする。
  • 体験活動をはじめ,各教科等と関連させた指導の充実を図るとともに,児童の実態に即した資料の作成や発問の工夫などに取り組む。
  • 研究の視点であった「感じる」子どもの育成という面で,子どもの変容がとらえにくかった。アンケートの設問等の評価の方法を考える。

授業風景 

授業風景

↑幼い頃遊んでいたおもちゃを目の前にして,おもちゃに手紙を書く1年生

授業風景

↑ひしゃくを手に,役割演技をする2年生

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。