ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 庄原市立庄原中学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

庄原市立庄原中学校 実践のポイント

(1)キャリア科等と関連付けた総合単元的な道徳学習

実践のポイント

(2)勤労観・職業観の育成と道徳教育の関連について

望ましい勤労観・職業観の育成には,「道徳の時間」を要とし,小・中9年間の系統性を重視した体験学習を仕組み,体験の意味付けや価値付けを行うことが効果的である。

 仕事は,チームで働き,役割や責任を果たしていくことで,やりがい,生きがい,成就感などを感じるものであることや,社会的自己実現や社会貢献を果たすことにつながることを理解できるように,「道徳の時間」を要として全ての教科や領域等で取り組んでいく。

トップページへ  取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。