ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成20年度 三原市立第二中学校 成果と課題

道徳の時間が楽しいと思う生徒の割合のグラフ 道徳の時間がためになると思う生徒の割合

道徳の時間に学んだことを自分の生活に生かそうとする生徒の割合

 【成果】

「道徳の時間はためになると思いますか。」の質問に対する肯定的評価が全体としては高くなっている。また,「あなたは道徳の時間に学んだことを,自分の生活に生かそうとしていますか。」については,3年生で肯定的評価が伸びている。

今後も,道徳の授業改善により,道徳的実践力を育成することを目指していく。

【課題】

 「道徳の時間」が楽しいと思う生徒の割合が伸びていない。また「ためになる」「生かそうとする」の項目においては,2年生の伸びが見られない。

教材の開拓・開発,発問の工夫,教師自身の道徳教育への意欲の向上を進めていかなくてはならない。

 

 トップページへ  取組みの概要へ  実践のポイントへ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする