ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 三原市立中之町小学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

三原市立中之町小学校 実践のポイント

1 心に響く道徳の時間の充実

めざす姿「道徳の時間における伝え合う姿」

道徳の授業の為に先生方が話し合っている様子

  • 話し手の言葉の中に含まれている心情的メッセージを主体的に聞く。
  • くみとった話し手の心情を自分なりにとらえ直し,自分なりの言葉で表現する。

手立て

教師の効果的な発問により,生き生きと思いを伝え合う姿を生み出すことをめざし,授業研究の充実を図る。

また,ねらいに応じた模擬授業や板書の工夫を行う。

具体的な取組み

【授業研究】(発問の工夫とその検証のために)

道徳の授業について、協議、授業反省を行っている様子

  1. ねらいとする価値を追求させる中心発問になっていたか。
  2. 中心発問を効果的にする基本発問であったか。
  3. 角度を変えて見つめさせたり,子どもたちの反応を焦点化して考えさせたりする補助発問であったか。

以上3点の視点で,検証方法を明確にして協議,授業反省を行っている。

2 命を大切にする心を育む

めざす姿「よりよく命を輝かせていこうとする子ども」

命の存在について考え,命を尊ぶ心を高め,よりよく生きていこうとする。

手立て

学年ごとに1年間を通した「ねらいとする子どもの姿」を決め,道徳の時間を要として全教育活動の中で,命を大切にする心の育成に取り組んでいる。

その際,一連の活動が,ただ単に,体験や各教科等の学習をつなぎ合わせたものではなく,有機的に関連させていくことに留意し,年3回,道徳の時間を要として,各教科等との関連や事前・事後指導の工夫を含めた「いのちきらきら!」の年間指導計画を作成し,実施した。

具体的な取組み

【重点項目の設定】

  • 1学期  生命尊重 3の(2)
  • 2学期  思いやり・親切 2の(2)
  • 3学期  勤勉努力・勇気・希望 低学年 1の(2) 中学年 1の(3) 1の(4) 高学年1の(2)

【家庭・地域社会との連携,協力や校内での協力体制】

道徳の時間の充実に向け,より効果的な取組みになるよう,保護者や地域の方に授業に参加していただいた。また,校長の授業参加や他の教師とのティーム・ティーチング等,協力体制を工夫した授業を計画的に行っている。

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。