ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立幟町中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立幟町中学校 取組みの概要

本校では,道徳教育の研究を進めて6年目となる。過去5年間「道徳の時間の充実」に焦点をあて,研究を進めてきた。5年間の研究の積み重ねを通し,道徳の時間において「発問の工夫」を行うことにより,子どもの中に率直に思いを伝え合う姿が生まれ,豊かな人間理解と道徳的価値の自覚を深めることができた。

また,昨年度より重点目標に「命の大切さ」を掲げ,よりよく命を輝かせていこうとする児童の育成をめざして「命きらきら」をテーマとした年間指導計画を作成している。昨年度の成果と課題を踏まえ,継続的に心に響く道徳の時間を要とした学校全体の教育活動の中で道徳教育の取組みを進めている。

【全体構想図】

全体構想図

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。