ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 広島市立幟町中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

広島市立幟町中学校 取組みの概要

I 研究の焦点

本校における教育推進上の課題は,次の3点である。

  1. 「学習意欲」「基礎学力」などの学習面
  2. 「基本的な生活習慣」「自己の健康・体力管理」などの健康・体力面
  3. 「自己肯定感」「他者理解」「規範意識」などの道徳面

 とりわけ,(3)の道徳面の課題を道徳教育において取り組むべき中心的課題としている。
 昨年度まで,総合的な学習の時間を中心として,他者理解プログラ ム,自己実現プログラムの開発を行ってきたことで,自己肯定感は少しずつ高まってはいるが,生徒の実態を踏まえると,さらなる取組みの充実が必要と考える。
  そこで,本校のこれまで行ってきた総合的な学習の時間の取組みとより関連させた道徳教育を行うことで,健全な自尊感情の育成をめざしたいと考える。

II 研究仮説

  1. 道徳の時間の発問,関わり方の改善により,生徒一人一人の内面の言語化,相互理解を図ることで,自他を尊重できる自尊感情が育成できるであろう。
     ※(→本年度努力目標「聴く力」の育成とともに,より道徳心を育成できるであろう。)
  2. 総合的な学習の時間と道徳の時間の関連を図り,育てたい道徳的価値観(特に規範意識)について重点的に指導することによって,より道徳心を育成できるであろう。
  3. 地域,保護者参加型の道徳授業を実施し,多様な価値観に接することで,道徳心を育成することができるであろう。

III 研究指標

  1. 生徒の授業感想による意識調査(アンケート)
  2. 総合的な学習の時間における意識調査(事前・事後アンケートの比較)
  3. 学校評価による意識調査(アンケート)

IV 1. 道徳の授業の中心場面を小グループ活動で行うことで,生徒一人一人の内面を言語化しやすくし,お互いの意見の共有化を図り,道徳的価値を深める。

 2.(1) 本校の「総合的な学習の時間」
 本校の「総合的な学習の時間」における学力を概念図に表すと図1のようになる。 

図1:幟町中学校の「総合的な学習の時間」との関連による学力概念図

「総合的な学習の時間」との関連による学力概念図

2(2) 道徳の時間の授業方法の具体的実践  

 「総合的な学習の時間」との関連を図った年間計画における重点項目の配置

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。