ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 坂町立坂小学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

坂町立坂小学校 実践のポイント

低・中・高学年ごとに児童の実態に合わせた仮説を設定した上で,主体的な「道徳の授業」を創るために,一人一人の児童に思いをもたせ,出し合わせながら道徳的価値を高めていけるような学習のプロセスごとの手立てを工夫する。

1 低学年段階の授業づくりのポイント

「表現活動」の工夫

→雰囲気づくり,学習への興味・関心の喚起

→ 一人一人の考えを引き出し,思いを深める

授業の様子

▲児童の多様な考えを引き出す工夫
(役割演技等)

授業の様子

▲視覚的な板書の工夫
(場面絵・挿し絵・写真等)

授業の様子

▲家庭・地域社会との連携
(ゲストティーチャーの授業参加等)

2 中学年段階の授業づくりのポイント

資料提示の工夫→ 想像,共感をかき立て,子どもを道徳資料の世界へ引き込んでいく

授業の様子

教育環境の整備(大型絵・実物や写真・映像・作文等)

授業の様子

表現活動の工夫(人形劇・役割演技・疑似体験活動等)

授業の様子

指導体制の工夫

3 高学年段階の授業づくりのポイント

子ども相互に多様な考えを学び,深めあう「話合い」の工夫

→ 一人一人の考えを引き出し,思いを一層深める

授業の様子

道徳授業を支える学級づくり(あたたかい学級づくり,個に応じた指導)

授業の様子

話合いの工夫(討論・グループ討議等)

授業の様子

効果的な板書の工夫(中心部分のクローズアップ,類別化,類型化等)

道徳性を支える体験的な学習

「いのちとふれあう教育」

体験的な学習 体験的な学習

校内授業研究・坂町道徳教育推進委員会(情報交換・授業実践)

月日学年主題名内容項目資料名授業のポイント
5月2日
(坂町道徳教育推進委員会)

4年1組(中学年)

友達への注意

2-(3)信頼友情

大きな絵はがき

資料提示を工夫し,役割演技を取り入れて考えを深める授業

6月3日6年1組(高学年)自分の心に誠実に1-(4)誠実・明朗 のりづけされた詩

主場面での主人公の心情を深く考えさせるための資料提示をとりいれた授業

6月22日

2年1組(低学年)

友だちと仲よく

2-(3)友情

おにごっこ

挿し絵,吹き出しによる資料提示,役割演技を取り入れて登場人物の心情を考えさせる授業

10月16日

1年1組(低学年)

ほんとうのことを

1-(4)誠実・明朗

きいろのクレヨン

パネルシアターによる視覚的な提示,道徳的価値を自覚させる役割演技取り入れ考えを深めさせる授業

教育研究発表会(平成20年6月27日)の開催

  • 公開授業(全13学級公開)
  • ワークショップ 指導・助言 坂町教育委員会 山田 幸治主幹兼指導主事

評価の観点

  1. 提示された資料の内容(話の展開・道徳的価値)をつかみ,興味をもって受けとめている。(児童観察・ワークシート・振り返りカード)
  2. 本時のねらいとなる道徳的価値に対して,自分なりの考えをもつことができる。(発言・ワークシート・ふりかえりカード)
  3. 友だちの考えを自分の考えと比べながら聞き,自分の意見を表現することができる。(児童観察・発言・振り返りカード)
  4. 学んだことと自分のことや生活を関係づけて,ふりかえることができる。(発言・ワークシート・振り返りカード)

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。