ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 三次市立十日市中学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

三次市立十日市中学校 実践のポイント

「道徳の時間」と「総合的な学習の時間」を関連させた取組み

ふるさと三次の異世代の人々との交流を通して,郷土を愛し,夢や希望を持ち将来の生き方を考え,郷土の発展に努める。

<総合的な学習の時間の実践(3年生)>

異世代交流

 「自分のふるさとの未来を考えよう」

【実施期間】8月第3週~10月第1週

【ねらい】

 地域で活躍される匠や幼児との交流を通して,夢や希望をもって,将来の生き方や生活を考える。

【学習活動内容】

  1. オリエンテーション
  2. 異世代交流準備
  3. 異世代交流
    (伝統文化教室)
    [剣道・柔道・三次どんちゃん・茶道・童謡・昔のおもちゃ](広報・幼児案内)異世代交流
  4. 異世代交流(保育実習)  
  5. まとめ

【育てたい力】  

問題を解決する力

  • 課題を見つける力
  • 解決の計画を立てる力

学び方・考え方

  • 考えや意見を発表する力,深め合う力

主体的・創造的な態度

  • 自分の発想や行動力を大事にする力

自己の生き方

  • 自分と他の人,社会との関わりを考える力

活動の様子






実感









実践







共感

<道徳の授業実践1>

【実施期間】9月第2週

【資料】

「昔むかしからのこと つなげよう 伝えよう」(自作資料)

【主題名】「郷土愛」 4-(8)

【ねらい】

 郷土に対する認識を深め、愛する態度を育てる。

【学習展開】

  1.  異世代交流での交流内容に触れ,その中の三次太鼓づくりについての歴史と理念を確認する。
  2.  異世代の幼児・匠はどんな存在だったか考える。自分たちの取組みに生き生き反応する幼児,支援してくださった匠の姿を通して,考えを深め,学習のねらいに迫る。
  3. これからの自分の生き方と地域との関わりについて考える。

<道徳の授業実践2>

【実施期間】9月第5週

【資料】「『し』をかくひ」
出典「明日をひらく」東京書籍

【主題名】「思いやり」 2-(2)

【ねらい】

 他の人々に対して思いやりの心をもって接しようとする態度を育てる。

【学習展開】

  1. 資料を読んで,自分が受けとめた思いやり,伝えたい思いやりを振り返る。
  2. 幼児の表情や,笑顔で生き生きと活動する自分たちを振り返り,自分たちの心の中にもやさしい心配りがたくさん存在することに気づく。
  3. 友達の詩・講師の先生からのメッセージを受け取り自分の心を見つめ思いやりを持って接しようとする。

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。