ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 三次市立十日市中学校 取組みの概要
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

三次市立十日市中学校 取組みの概要

不登校をはじめとする生徒指導上の課題の背景に共通する要因は,主として「自己肯定感の低さ」と「人間関係能力の不足」であり,自己肯定感の低さは学習意欲にも大きく影響していると考える。そこで,本校では道徳の時間を要として,全教育活動を通して道徳教育を推進し,生徒の自己肯定感を高め,コミュニケーション能力などの人間関係能力を育てることにより,生徒指導上の課題解決と学力向上をめざそうと考えている。

 これまで,本校では,「学習環境の整備」「学習規律の徹底」「生活のきまりの徹底」に全校で取り組むことや,教育相談活動等を充実させることで,「荒れ」の克服と,不登校の減少に取り組んできた。

 今年度はこれまでの取組みを継続するとともに,「生徒のコミュニケーション能力や自己肯定感の育成」を意識した授業づくりと生徒が生き生きと学習する道徳授業の創造に取り組んでいる。

  • 「生徒のコミュニケーション能力や自己肯定感の育成」を意識した授業づくり
  • 指導過程,指導方法を工夫することにより,生徒が生き生きと学習する道徳授業の創造

研究構想図

ミッション「基礎・基本を身につけ社会に通用する生徒の育成」

ビジョン 「信頼され誇りに思われる学校」

学校教育目標 「自ら考え,心豊かに行動できる生徒の育成」

矢印

コミュニケーション能力の育成

  • 聴く力,読みとる力の育成
  • 自分の考えをもち相手にわかりやすく伝える力の育成
  • 対話力の育成

  • 人との良好な関係を構築できる生徒
  • 双方向の力を身につけた生徒
矢印

意欲を育む授業づくり

  1. 着ベル
  2. めあて掲示と自己評価の活用
  3. 個人思考の場の設定
  4. 意見交流・思考を深める場の設定
矢印

自己肯定感の育成

目標をもたせ,達成感充実感を体験させ,自信を育て,自己有用感,自己存在感を与える。

自己を,他者を,社会を肯定的に見ることのできる生徒

矢印

基礎学力定着の取り組み

  • 習熟度別少人数指導
  • 全校で取り組む朝読書 
  •  全学年で統一した家庭学習の設定

教育相談活動

  • 生活アンケートによる実態把握
  • 教育相談週間の実施 
  • 不登校対策委員会の定例化 
  • スクールカウンセラー,小学校,教育委員会との連携 
  •  保護者への細やかな連絡

矢印                        矢印

道徳学習の工夫

・総合単元的な道徳学習の工夫

・ティーム・ティーチングによる効果的な道徳授業の工夫

矢印

授業規律の徹底

  • 教師「授業実施の心構え8ヶ条」
  • 生徒「学習のきまり6ヶ条」

生活規律の徹底

  • 「生活のきまり11ヶ条」の徹底
  • 「生徒指導の基本的な構え」で意識統一

校内の環境整備

掃除指導 教室の整理整頓 校舎内の修繕

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。