ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 府中町立府中緑ヶ丘中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

府中町立府中緑ヶ丘中学校 成果と課題

成果

教師の指導力向上

 TTで授業を進めていくために,事前にお互いの授業に対する考え方をしっかりと出し合うことは,指導力の向上に非常に役立つものであった。

アンケート結果の効果的な提示

 生徒たちは,アンケート結果に非常に高い関心を示す。その結果について視覚的に提示することは,生徒の興味・関心を長く持続できるという点で大変効果的であった。

ネームプレートの活用

授業の様子

<ネームプレートの活用の実際>

授業の様子

<意思表示後の意見交流>

 自分の考えをはっきりと表すことで,自分の意見に責任を持つ意識を高めると同時に,他の生徒の考えと自分の考えを比較しながら,なぜそう思うのか再度自分に問いかけることができた。

視聴覚機器の積極的な利用

 大画面のスクリーンにしたことで,生徒たちに迫力のある映像を提供することができた。また番組を活用する際には効果的に編集することで生徒の集中を切らすことなく授業を進めることができる。

 さらにスクリーンを除いた後も,キーポイントとなる映像(写真)を黒板に貼り付けておけば,内容の把握が苦手な生徒への手助けとすることも可能である。プレゼンテーションソフトによる提示も生徒に興味を持続させるという点で有効であった。

課題

TT授業の実践

 TTを自主的に組み込むことは,時間的に難しい面があり,工夫が必要である。

学級集団の高まり

 自分の考えは書いているのに,全体の前で発表するとなると言えないなどの課題も多く,特に,学級集団として高まるよう継続した取組みを進めていく。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。