ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 三次市立甲奴中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

三次市立甲奴中学校 成果と課題

 ~平成18年11月実施 「道徳アンケート」からの考察~

 回答生徒数 1年生22名,2年生33名,3年生20名 

成果

設問1

「道徳の時間」は,他の人の考えと比べながら,自分の考えを深め広げていく時間

「道徳の時間」は,他の人の考えと比べながら,自分の考えを深め広げていく時間 アンケート結果グラフ

 設問2

「道徳の時間」は,自分のことを振り返り,自分をみつめる時間

「道徳の時間」は,自分のことを振り返り,自分をみつめる時間 アンケート結果グラフ

設問1・2より,発問や指導形態,資料の内容や提示の仕方等,道徳の時間の指導を工夫した結果,道徳の時間に学んだことをもとに,自分の考えを深めることのできる生徒が出てきている。

設問3

「道徳の時間」は,自分はこう生きたいと展望をもてるようにする時間

「道徳の時間」は,自分はこう生きたいと展望をもてるようにする時間 アンケート結果グラフ

設問4

「道徳の時間」は,世の中のルールや,善悪について考える時間

「道徳の時間」は,世の中のルールや,善悪について考える時間 アンケート結果グラフ

設問3・4より,道徳の時間が,生徒の「生きる力」の基盤となる自己決定への意欲や規範意識の醸成への刺激となっていることが考えられる。

課題

設問5

「道徳の時間」は,先生のお話を聞く時間

「道徳の時間」は,先生のお話を聞く時間 アンケート結果グラフ

設問6

「道徳の時間」は,実際の生活に役立つ時間

「道徳の時間」は,実際の生活に役立つ時間 アンケート結果グラフ

  • 設問5より,生徒同士が考えをより積極的に伝え合い,互いに学び合う活動を増やし,道徳の時間を生徒にとって魅力的な時間とする必要がある。
  • 設問6より,生徒が,道徳の時間で学んだことを自分の普段の生活と結びつけて考えられるようなものとなるよう,他教科や学校行事等とのつながりを強め,道徳教育全体を充実させていく必要がある。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。