ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 東広島市立大田小学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

東広島市立大田小学校 成果と課題

成果

  • 本校独自の資料分析表を作成し資料分析を行うことで,より適切な発問を深めることができた。
  • 年度当初と比べ,アンケート結果の肯定的評価の数値が,グラフ(3)では9ポイント,グラフ(4)では13ポイント上昇していることから取組みの成果が見られる。

アンケート結果

 グラフ(3) 

道徳の時間の話に出てくる人物の気持ちや考え方を大切にしていこうと考えることがありますか。 グラフ(4) 道徳の時間の話に出てくる人物と自分を重ねあわせて考えることがありますか。

  • 体験活動の中で,児童が主体的に活動したり,その活動を振り返る機会を意図的に設定したりすることで,児童の活動に対する感じ方や考え方が深まった。 

  稲刈りを終えての感想

課題

道徳の授業に関する児童のアンケート結果から,読解力や表現力などに課題のある児童は,心情を読み取ったり表現したりすることに苦手意識をもっていることがわかった。今後,児童の表現力・読解力を高める資料提示の仕方,板書,発問の工夫を行う。

19年度の取組み

 19年度は,3年計画の1年目の研究を踏まえて,2年目の研究テーマ「道徳的判断力を高めることを通して」の取組みを行い,児童の道徳的判断力を高め,主題に迫りたいと考えている。

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。