ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 東広島市立大田小学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

東広島市立大田小学校 実践のポイント

(1)子どもの実態に合った資料の工夫を行う

(1)児童の実態の把握    →アンケートへ(PDF 13.7KB)

アンケート

  • 「道徳の時間」に関するアンケート
  • 価値項目アンケートを作成し,6月・9月・12月の年3回実施

(2)資料の選定

  授業者が,ねらいとする価値項目に沿った資料を3点以上選び,全体研修の場で検討した。また,より具体的な場面を通して児童に自己を見つめさせていきたいと考えた場合や適切な資料がない場合には,自作資料を作成したり,一部を改作したりして資料づくりを行った。

(3)資料提示の工夫

場面絵や顔絵などの提示例
5・6年生授業「お迎え遠足」4-(1)

場面絵や顔絵などの提示例

ア 範読し,場面絵や顔絵などを提示しながら確認する。

イ 実物や写真,効果音などの補助資料を活用する。

ウ 絵本や紙芝居などの絵を見せながら,読み語りをする。

エ 黒板を劇場のようにして提示する。

オ テレビやプロジェクターなどの視聴覚機器を活用する。

 (2)道徳的価値の自覚を促す発問の工夫を行う

(1)資料分析表の活用  →資料分析表へ(PDF 20.1KB)

本校独自の資料分析表を作成し,資料分析を行った。

資料分析表資料分析表

(2)模擬授業

模擬授業の様子

事前研修では,模擬授業を行い学習指導案の検討を行った。

(3)道徳の時間における発問

<導入段階>今までの経験や事実を問う発問

導入段階

<展開の段階> 自分はどうなのか問う発問 (例:役割演技)

展開の段階

<終末の段階>本時のまとめの発問

終末の段階

(3)心を育てる体験活動を充実させる

(1) 学校・教室の環境整備 

 学校まるごと美術館

 学校まるごと美術館として学校内に,児童の作品の掲示をしたり,地域の方・保護者の方・本校職員の作品や美術館から借りた有名画家の絵画を多数展示したりして,心情をより豊かにする環境づくりを心がけた。

(2) 体験活動 

 ア 地域との交流

稲刈りの体験 芋掘り体験
稲刈りの体験と芋掘り体験の様子 地域の方の指導で米作りやいも作りなどの体験をさせていただいた。

 イ 飼育・栽培活動

一人一区画の畑で野菜作り   小鳥・魚の世話

一人一区画の畑で野菜作りや小鳥・魚の世話の様子

 全校児童で野菜作りや生き物の世話をしている。 

 ウ 全校児童での体験活動

  
組体操・キャンプ・スキー教室・意見発表会などの様子

全校児童で,組体操・キャンプ・スキー教室・意見発表会などの体験活動を行った。 

エ その他の体験活動

校外学習の様子

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。