ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 東広島市立高美が丘中学校 成果と課題
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

東広島市立高美が丘中学校 成果と課題

成果

グラフ1より,道徳性の発達が見られ,伝え合う力を高める基盤が整ってきたと考える。

グラフ1【生徒意識調査】

意識調査の結果道徳の授業では,自己を見つめたり,自己の生き方を考えたりすることができる。

グラフ2より,言語技術の活用によって,生徒の相互作用を強化し,伝え合う力を高める指導ができるようになってきている。

グラフ2【教員意識調査】

意識調査の結果生徒同士の相互作用を図り,コミュニケーション能力を高めるように指導している。

○グラフ3及び生徒の感想より,「ミュージカル『高美が丘』」の創作を通して,伝え合う力が高まりつつあると考える。

グラフ3【生徒意識調査】

相手の気持ちを理解しながら適切にかかわることができるようになりましたか。

意識調査の結果

【生徒の感想】

  • 自分の考えをしっかり伝えることができるようになった。
  • 色々な人の意見が聞けるようになった。
  • 台詞を自分なりの言い方や内容変更をすることで深く表現できるようになってきた。
  • コミュニケーションの力がついてきた気がする。
  • 自分の思いを表現する力がついてきた。
  • 相手の気持ちを察しながら活動できるようになった。

ミュージカルの様子 

 【ミュージカルの様子】

ミュージカルの様子ミュージカルの様子

課題

  • 継続した言語技術の活用による相互作用の充実 
  •  ミュージカルの創作プロセスによる相互作用の充実 
  • 有機的な関連による,各教科等の横断的・総合的な学習の充実

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。